【第1374号】仕事で創りあげられる「作品」があなたの人生を豊かにする

リフレーミング
この記事は約3分で読めます。

私は自分の事業を含めて様々な仕事をしていますが、

自分がやっていて楽しいと感じる仕事として、

「自分が満足できるレベルの作品を創る」

という類型があります。

まるでそれは、キャンバスに描いた絵に満足するように、

自分の書き上げたWordファイルに満足するように、

自分が構成を練ったメールに満足するように、

自分が書き上げた報告書に満足するように、

何か

「自分のアイデアが反映された作品」

できあがると、それは非常に仕事として面白い、人生が充実していると感じます。

これは単なる自己満足で終わる場合もありますが、

他人から、

「これはすごい」

「傑作だ」

「大作だ」

と言われることもあるため、その時は特に大きな満足感を得られます。

もちろん、これを仕事として行った際には、その「作品」に対して金銭が支払われるということにもつながるため、これはもう非常に嬉しいです。

「作品」が出来上がるまでの過程では、

「他人からのアドバイス」

を頂戴して、少しずつ改良を重ねてくことも多いのですが、

自分の頭の中で生み出された発想がベースになっていた場合には、関わっていくことが楽しいと感じます。

例えば、昔、学校でクラスを象徴する歌を作曲しようというプロジェクトがあったのですが、

その作詞の段階で自分が考えたフレーズが歌詞に採用されたこともありました。

その時も、自分が関わって「作品」に寄与していたのだ、ということを感じたものです。

このような

何らかの「作品」づくり

というのは、その人の人生を豊かにすると感じます。

「作品」といってもその姿形は様々かもしれません。

しかし、「作品」にはその人の個性が反映され、ひいては自己実現にも寄与することでしょう。

様々な「作品」を創り続けることが、個人としての資産形成でもあるでしょう。

例えば、零細個人が行える最大の資産形成は、金銭をかき集めることではなく、

「自分史の編纂」

ではないか、と私自身も感じています。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人6年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万7500円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました