2021-02

コミュニケーション

詐欺などに騙されないようにするためにも違和感を見逃さないようにする

詐欺とか騙されるとかいうと、まるで悪者がいるかのようにも感じてしまいますが、実際は、詐欺とかではなく、間違った内容を説明されたということや、単純な聞き間違いがあった、とか、勘違いしていたということから自分が不利益を被るということはよくあり...
仕事・勤め先

iPhoneSE2を法人契約で入手し、改めて勤め先の社会的信用力を感じる

タイトルの通り、法人用にスマホを入手致しました。 というのも、不動産賃貸業を行うに当たって思いの外、不動産業者さんなどに電話をしたりする機会も増えたので従来の個人用スマホとは別に会社用に連絡端末を用意する必要が出てきたためです。 ...
コミュニケーション

純粋にお金のために働いていると年14回ぐらいしか楽しい日がない労働者

お金のために勤め人として勤労しないといけないとなると、タイトルのように、年14回ぐらいしか楽しい日がないという人が多いのではないでしょうか。 年14回ぐらいというのは端的に言うと勤め先からお金がもらえる給料日+夏期冬期ボーナスのこと...
リフレーミング

仕事に追われるのではなく、仕事を追うようになった瞬間から何かが変わる

今すぐにやらなければいけないことに追われ続ける毎日というのは体感としてとても辛く感じやすいものになります。ストレスフルになります。 例えば、今は別のことに集中しなければいけない状態なのに急に電話が来たり、ただでさえ忙しいのに宅配便が...
コミュニケーション

オフィスという勤め人にとっての「居場所」

コロナ禍においてテレワークが広まって、ささやかれているのがオフィス不要論ですね。 端的に言うと、テレワーク、リモートワークができるのだから、オフィスってそもそも要らないよね?という事です。 その一方で、テレワークが可能であるに...
不動産

ファミリー向けの典型的な間取りを見ると違和感を感じてしまう

不動産を色々見ていくうちに、ファミリー向けの物件も購入して売却するのもいいかも?と考えてそちらの方も調べています。 したがって、ファミリー向け物件の間取りやモデルルームなどのイメージ画像もチェックするようにしているのですが、 ...
コミュニケーション

ダメ元でもお願いしてみることの重要性

一般的に、一見無理だと思われることを、普通の人では思いつかない発想を持つ人がなしとげてしまうことってあります。 例えば、住まいにおける家賃の交渉により破格の条件で住むことができる人もいますし、勤め先において募集要項以上の就職条件をゲ...
システム構築

突然暇になってしまったら、今後暇になってしまった時のための行動指針を考える

人生には色々な場面があります。忙しくて激務で時間が足りなさすぎて一体どうしよう、と焦ってしまうときもあれば、突然何かしなければいけないことがすべて消えてしまって、何をすればいいのかわからない、あまりにも暇すぎるという心境になるときもありま...
コミュニケーション

冷凍宅配サービスのnosh(ナッシュ)が便利すぎて週1回以上10食オーダーすることにしました

かれこれ、1ヶ月以上、冷凍宅配サービスのnoshを利用させていただいています。 使ってみて改めてわかったのはあまりにも便利であるという一言です。 初めて注文したときも思いましたが、1回の配達で数日分の食料が手に入るのは非常に大...
リフレーミング

非定住生活をするために重要な「持ち運びが容易な富」

アドレスホッパーという生き方があるようですね。 最低限の持ち物だけを持って定住せずに住処を変えていく生き方のようです。 住民票とかどうするんだろうか、とか、子供がいたらどうなるんだろうか、とか、色々考えてしまいますね。 ...
リフレーミング

ファミレスや喫茶店、カラオケ店。「人が何かをするための場所」を提供するサービス

久々にファミレスを興味本位で覗いてみました。 びっくりしたのは、1人席がかなり多くなり、衝立の数も多かったことです。 そして、タッチパネル式の注文もすべての席に配置してあってソーシャルディスタンスも意識されていました。 ...
習慣

「運の良さ」を自ら創り出すために

世の成功体験本などを見ていると、時折出てくるのが、 「この時、たまたま●●があって、~中略~、よって成功しました」 というような文です。 このようにさりげなく、運の良さが出てくるときもあれば、もっとストレートに、 ...
コミュニケーション

「おい」と言うだけで自動的にお茶を持ってきてくれるという便利な関係

長年連れ添った夫婦に関してよくみる描写として、 旦那さんの方が「おい」と言うだけで、 奥さんの方がすっと立ち上がり、粛々と台所などでお茶をくみ、それを旦那さんの目の前まで持ってきてくれるという描写を見ることがよくあります。 ...
システム構築

久々の地震の体験、東京の木造住宅密集地域の現状を見て思うこと

2021年2月13日の23時頃でしょうか。 東北を震源地とする地震が再び起こりました。 私は都心3区に居住していますが、急に揺れたのでびっくりしました。 そして、揺れがしばらく収まらなかったので、結構震源地は大変なことに...
リフレーミング

通勤電車は嫌だけど、休日のお出かけの際に使う電車は思ったよりも嫌ではない

私は勤め先で勤務する際には、リモートワークが好きですから、原則リモートワークが良いなと常々思っています。 では、何故リモートワークが良いのか、について考えていくと、やはり、電車に乗らなくて済むというのは大きいと思います。 その...
システム構築

ブログを書きやすい日と書きにくい日

私は今のところ、毎日ブログを更新することを目指しています。 とはいえ、正直なことを言うと、日記も手元で毎日書いてはいますが、それも含めて、ブログを更新しやすい日と更新しにくい日があります。 更新しやすい日というのは本当にびっく...
システム構築

2回目の家事代行をお願いしてみて、考えたこと

今日は久々にKIDLINEという家事代行サービスによって、部屋の中を掃除してもらいました。 前回、初めて家事代行サービスを使用してみてかなり感触が良かったので、全く同じ人をリピートしてみました。 やはりといいますか、2回目です...
システム構築

マネーリテラシーが高ければ良いとは限らないという話

Twitterで資産形成を頑張っている人のツイートをみると、 「マネーリテラシーが大事!」 という話がたくさん出てきます。 私自身も、資産形成に当たってマネーリテラシーといいますか、お金に関する適切な情報をしっかりとリサ...
システム構築

楽天経済圏の断続的な改悪に対して思うこと

2020年11月頃に、楽天かんたん保険の改悪の報を聞いてから若干気になっていましたが、どんどん楽天経済圏の改悪が進んでいます。 1月には、楽天ゴールドカードによる、楽天ポイント還元の+2%が3月にて終了する旨も聞いており、これには衝...
不動産

今の勤め先で働くありがたさ

私は新卒で入社する当初よりも少し前の段階から、経済的自由をいつか手にして、勤め人を卒業したいという気持ちを強く抱いていました。 それは、勤め人として生活のために自分の意に反する労務を行わなければならないという立場を強いられることに対...
不動産

投資×賃貸という観点で不動産を見る

不動産投資をしたい という観点と同時に、 自分にとってどんな住環境が最適なのか、 という点を追究するために不動産関係をリサーチしたり、現地内見する機会が増えてきました。 私の中では、不動産に対しては、投資×賃貸とい...
コミュニケーション

勤め先以外の人ともコミュニケーションを積極的に取る

コロナ禍において、一番変わったと感じるのは、勤め先との心理的な距離感です。 コロナ禍の前はオフィスに出勤するのが当たり前で、そこで誰か、同僚や上司と顔を合わせるのが当たり前でした。 このような特別な場所に毎日行ってわざわざ顔を...
仕事・勤め先

勤め先の仕事が嫌な私がボランティア活動に惹かれる理由

私は勤め先の仕事に対してあまり良い気持ちになれないときもありますが、ボランティア活動には興味があるタイプです。 ボランティア活動に対しては、ポジティブな気持ちになる人もいれば、ネガティブな気持ちになる人も要ると思います。 特に...
コミュニケーション

勤め先というコミュニティにおける取引

今日もなんだか微妙に面白くない仕事をひたすらこなすだけの一日になるのかな? 等と思いながら、ぱちぱちと無心でキーボードを打っていました。 しかし、突然同僚(部署が違うので普段あんまり話さない)から、 「自分が担当する予定...
仕事・勤め先

今の勤め先の入社初日に感じた違和感、そこからの危機感

私自身、経済的自由の達成やアーリーリタイア志向のようなものは今の勤め先に実際に就職する前からなんとなく持っていました。 そして、経済的自由を早期に達成するためには、激務でもかまわないので、若い内に高給をとれる所に就職し、入金力を高め...
コミュニケーション

住居の設備、間取りのみならず立地についても予め判断基準を深めておきたい

不動産投資を検討する際には、必然的に自分にとっての住居や持ち家に対する考え方も再考せずにはいられません。 私はまだ独身なので、居住地についてはいわゆる賃貸派です。 しかし、私が将来持ち家派に転向する可能性はゼロではないというこ...
不動産

高すぎる目標だけを立てると、閉塞感、停滞感、理想と現実とのギャップに心が折れそうになってしまう

最近、友達と話す際に、「なんだか自分の人生に対する閉塞感、停滞感を感じてしまう」ということを話すことが多いです。 人生というのは調子が良いときは非常に良いままで良いのですが、ひとたび調子が悪くなるとそのままずるずると落ちて行きやすい...
コミュニケーション

家と勤め先という2つの世界のみで生きている労働者

生活の為の労働をしなければいけない労働者にとって、アーリーリタイア、経済的自由の達成は夢のような存在です。 ネットワークビジネス、MLMなどの宣伝文句にも使われますが、満員電車に平日毎日揺られなければならない人にとって、南の島でゆっ...
タイトルとURLをコピーしました