2021-05

時間管理

明日の自分=赤の他人と考えるべき

多くの人を悩ませているのは「先送り癖」だと思います。 例えば、仕事がちょこちょこ来たとして、「面倒だから取りあえず明日やろう」と思っていると、明日の自分に処理すべきタスクの負債を送ることになります。 そして、明日の自分が昨日の...
不動産

新築なのに部屋が埋まらない狭小住宅

自分にとって最適な間取りはどのようなものなのか?と考えて、必要な面積を手元で計算していたのですが、計算上は、15平米あればいけるということが分かってきました。 とはいえ、もちろん、15平米といっても中の設備の配置の仕方によっては難し...
不動産

転職エージェントから連絡が来てもワクワクした気持ちになれない

仕事柄、たまに転職エージェントの方から連絡が来たりします。 もともと、働き初めの時は、とにかく、「リストラされたら怖いから、今のうちにどうするのが良いのか聞いてみた方がいいかもしれない」 などと考えていました。 しかし、...
不動産

家賃6万円台の賃貸物件を発見したので引っ越しを決意しました

今年の目標のうちの一つは、ズバリ「家賃を下げること!」でした。 現状は都心のかなりの中心地で月8万円ほどの家賃を支払い続けてきましたが、さすがに高いと感じていたので、まずはここからメスを入れていきたいという気持ちであったことは何度も...
システム構築

パソコンモニターが部屋に存在するのを見るだけでそわそわした気持ちになることがあるという現象

タイトルの通りで、最近自分の部屋の中に、大型のパソコン用モニターがあると何か気になって仕方が無い気持ちになっています。 何故こんなにそわそわした気持ちになるのかは私自身正確にはよくわかっていません。 普通にパソコンモニターを使...
仕事・勤め先

断捨離した後には部屋の空間を効率的に使用できているのかチェックする

私は日々自分の部屋にある物を見て、「これって本当に必要なのかな?」と考えて、特に必要が無いと感じた物は手放すことを心がけてきました。 進んでミニマリストになりたいという動機があるという感覚というよりは、自分の消費や購買意欲に対する意...
不動産

大きな買い物をする場合は徹底的にリサーチを行ってから決断する

私は比較的チキンな性格ですので、大きな変化を及ぼす決断に対しては非常に慎重に行きたいと考えています。 例えば、いきなり100万円をよくわかっていないサービスにつぎ込むということは精神的に難しいと考えています。 なぜならば、手元...
仕事・勤め先

勤め先の経営方針に対しても意見を持てるようにする

自分の人生について本気で考えていくと、自然と、個人だけではなく、企業についても、個人と似ているところがあると感じます。 自分の人生をどうしようか、どういう人間でありたいのだろうか、という問いはそのまま、企業における理念、この企業の理...
留学

経営学修士号(MBA)だけじゃなくて美術学修士号(MFA)にも着目する

改めて自分が今後何を学んでいくべきなのか、ということを考えた場合、特に課題となってくるのは以下の点です。 ●自分の人生のビジョンを創る力 ●ビジョンを現実的な物にするための具体的な設計を行う力 ●設計に基づいてビジョンを...
システム構築

強制的に環境が変わってしまったとしても良い習慣を維持する

生まれた環境によって、親からの躾けなどによって、いつの間にか特定の習慣が身についていたという人はかなりの数いると思っています。 親元から離れるのは一般的に大学への進学時や就職時などが多いようですが、それまでの期間は親の元で実家で一緒...
システム構築

時間管理と並んで重要な空間管理能力

テレワークについて最近改めて考えることがあります。 それに関連して、思いの外、人間の活動において時間のみならず空間も重要だと考えています。 例えば、私は習慣について重視することが多いのですが、習慣に関連した本を読むと、人間の行...
仕事・勤め先

勤め人の癒やしグッズ、マッサージ機を断捨離しました

ついに、働き始めてから御世話になっていたマッサージ機を手放すことにしました。 もともと、このマッサージ機は何故私の家にあったかと言いますと、もちろん、マッサージ機が私にとって必要な物であるという認識があったから購入したためです。 ...
不動産

調子が良い時にも一発退場を避け、負けようがない戦いを忘れない

勝って兜の緒を締めよ、という有名なことわざがありますね。 とかく、良い結果が出続けていると人間は調子に乗りやすい性質があるので気をつける必要があると考えています。 例えば、金融商品へ投資をしている際にも何年も結果が出続けている...
コミュニケーション

どうせなら健康に22世紀の到来をこの目で確かめたい

現在は、2021年5月ですからまだ21世紀前半です。 経済的自由を目指してからある程度経ってから自分の老後に対する考え方が少しずつ変わってきたと感じています。 まず、金融資産が1000万円ほどしかなかった頃はまだ老後不安という...
仕事・勤め先

Fuck you moneyを発動することができるという余裕

偶に暴落などによって資産が減ってしまうこともありますが、それでもコツコツと金融資産を積み上げています。 そのような中、最近偶に発動させているのが「Fuck you money」です。 これは要するに、勤め先などで理不尽な要求が...
家族

選択的シングルマザー、選択的シングルファザ-、それぞれの難易度

家族のことについて考えていると、最近は選択的シングルマザーという言葉が気になっています。 私は女性なので、どうしても選択的シングルマザーの方により関心が強くなるわけですが、理屈としては選択的シングルファザーという生き方もあり得ますね...
コミュニケーション

本当に今が人生のピーク、頂点なのか?

「もう自分の人生のピークはすぎてしまった」 ということを暗に漏らす人がたまにいます。 かなり年配の方ならばまだわかるのですが、偶に20代でもこのような方がいるのでびっくりしてしまいます。 そして、自分よりも若い人に対して...
不動産

いつか叶えたい理想の毎月の生活費

お金はあればあるだけ選択肢が増えるので、お金はあった方が良いと思っています。 もっとも、自分が生きていけるだけの最低限の支出、すなわち消費についてはできるだけ下げたいと私は考えています。 なぜならば、消費の額、すなわち生存のた...
仕事・勤め先

転職することなく天職に転職してしまいたいという気持ち

私の基本的な考え方は、「いきなり勤め先の所属先と仕事を変えることはリスクがあるため、できるだけ少しずつシフトしたい」という辺りです。 ここで、「所属先と仕事」という表現を用いたのには勿論意図があります。 所属先というのはもちろ...
コミュニケーション

最優先すべきは子供を作ることではなく血縁関係の無いコミュニティをつくる方法を考えることではないか

20代後半ともなってくると、人によっては既に結婚していたり、子供が生まれていたりします。 私はまだ独身なのでいずれもやっていませんが、これについていつも考えていたりします。 家庭を持つことで、時間的に忙しくなるのか、特に女性な...
タイトルとURLをコピーしました