【第1075号】アラサーの億り人(富裕層)が大量発生しさらに格差広がる2023年

仕事・勤め先
この記事は約10分で読めます。

あなたも、この時代に生きるビジネスパーソンとして、経済的な成功と将来の安定を求めているのではないでしょうか?

私たちは皆、限られた時間とリソースの中で、どのようにして効率的かつ確実に資産を築いていけるのかと考えることが多いですよね。

恵まれた環境や能力にある人は戦略を考える必要がありませんが、弱者の場合は戦略を考える必要があります。

特にアラサー世代の方々は、将来に向けての不安や行き詰まりを感じることがあるかもしれません。

そこで、今回は「30歳前後で億の資産を築く方法」に焦点を当てて、成功事例を具体的に紹介しながら、あなたの悩みを解決するヒントをご提供します。

アラサーの億り人(富裕層)の存在について

この2023年、アラサーの億り人、つまり30歳前後で億の資産を築く人々が増加し、同時に社会的格差が広がっていることでしょう。

「えっ、そんな人本当にいるの?」

と感じる人もいるかもしれませんが、私の周りでは、2023年前半における

圧倒的な円安や株高

の波に乗ったことで

「億の金融資産となった!」

という人も30歳前後でチラホラ出てきました。

金融資産は運用している場合、その価格が上下するため、

「確実に億の資産を築いた!」

とはっきりと言う人は実はあまり多くはありません。

これは、億単位から急に0になってしまうリスクも存在しているからです。

最後までどうなるかはわからないけれども、今の段階では「億を超えた」ということでしょう。

背景:なぜアラサーの億り人が増えているのか

2023年の今、アラサーの億り人が増加している理由にはいくつかの要因が挙げられます。

第一に、デジタル技術の進化によって新たなビジネスチャンスが生まれています。

オンラインプラットフォームやソーシャルメディアを活用した個人起業やブランディングが、成功の可能性を高めています。

また、リモートワークの普及によって地域や時間にとらわれずにビジネスを展開できる環境が整っています。

さらに、若い世代の起業家やビジネスパーソンが、従来の枠組みにとらわれずに創造的なアイデアを追求する風潮が広がっています。

社会的な価値観の変化や環境への意識の高まりも、新たなビジネスモデルや市場の形成に影響を与えています。

これにより、アラサーの世代が新たな価値を創造し、成功を収めるケースが増えているのです。

成功事例1:Aさんの賢い投資戦略

Aさんは、若いころから資産形成に積極的に取り組みました。

彼女は投資の世界に興味を持ち、情報収集に努めました。不動産、株式、仮想通貨など、様々な資産クラスに分散投資することで、リスクを最小限に抑えつつ収益を追求しました。

しかし、彼女の成功の鍵は単なる投資ではなく、教育にも力を入れたことです。

投資に関する知識を深めることで、リスクを適切に評価し、チャンスを見極める目を養ったのです。

【考察】 Aさんの成功からわかるように、資産形成においては投資だけでなく、その投資を裏打ちする知識や情報が重要です。自分自身を投資対象と捉え、スキルや知識の向上にも注力することが成功への近道です。

成功事例2:Bさんの起業とリスク管理

Bさんは、安定したサラリーマン生活を捨て、独自のビジネスを起こしました。

しかし、彼女は軽率にリスクを冒すのではなく、計画的なアプローチで行動しました。

事前に市場調査を徹底的に行い、ニーズと競合状況を分析した上でビジネスモデルを構築しました。

また、失敗した場合に備えてのバックアッププランも用意し、リスクをコントロールする体制を整えました。

その結果、彼女のビジネスは成功し、安定した収益を生み出しました。

【考察】 Bさんのケースから分かるように、リスクを冒すこと自体が成功の近道ではありません。

計画的なリスク管理と市場の理解が、ビジネスの安定成長には不可欠です。

将来に備えてのプランを持つことで、行き詰まりからの脱却が可能です。

成功事例3:Cさんのスキルアップと副業

Cさんは、自身の専門スキルを高めることに注力しました。

彼女は主職の傍ら、関連するスキルを学ぶための時間を割いて、プロフェッショナルとしての価値を向上させました。

さらに、そのスキルを活かして副業を始めることで、収入源を多角化しました。

副業の収入は最初はわずかでしたが、コツコツと努力を重ねることで徐々に成果が現れ、資産形成の一助となりました。

【考察】 Cさんの例から、スキルの習得と副業の活用は、安定した収入源を確保するために重要です。

今の時代、多様なスキルを持ち、柔軟な働き方を選ぶことが資産形成への一歩となるでしょう。

例えば、専門職であれば、20代でも年収2000万円を出してくれる企業は日本にも存在するため海外に出稼ぎに行く必要はない場合もあります。

成功事例4:Dさんの人脈構築とチャンスの活用

Dさんは、人脈を築くことに積極的でした。彼女は業界のイベントやセミナーに参加し、他の成功者との交流を大切にしました。

その人脈を通じて得た情報やチャンスを活用することで、新たなビジネス機会を見つけ、成長の機会に繋げました。

【考察】 Dさんの成功からわかるように、人脈はビジネスの成長において非常に重要です。

他の億り人や専門家との交流を通じて、新たなアイデアやビジネス機会にアクセスできる可能性が高まります。

人脈を築くことは、個人の成長にとどまらず、ビジネスの成功にも大きく貢献する要素です。

アラサーの億り人の特徴

アラサー(20代後半から30代前半)の成功した起業家や投資家などの億り人の特徴は例えば以下のようなものがあります。

  1. 熱意と情熱: 成功した億り人は、自分の目標やビジョンに対する熱意と情熱を持って取り組んでいます。困難な状況に直面しても、その情熱が彼らを前に進ませる原動力となっています。
  2. リスクテイキング: 億り人は、ビジネスや投資において一定のリスクを取ることを恐れません。成功には失敗も付き物ですが、それを恐れずにチャンスを掴む姿勢が共通しています。
  3. 創造性と革新性: 成功した億り人は、新しいアイデアやアプローチを採用して市場に革新をもたらすことがあります。既存の概念にとらわれず、創造的な発想で新たな価値を生み出す力があります。
  4. 自己学習と成長: 億り人は常に学び続け、自己成長を重視しています。新しいスキルを習得し、業界のトレンドや市場の変化に敏感に対応することで、競争力を保ちながら成長しています。
  5. ネットワーキング: 良好な人間関係を築くことができる能力も重要です。ビジネスや投資の世界では、パートナーシップや提携が成功の鍵となることがあります。
  6. 長期的なビジョン: 即時の利益だけでなく、長期的なビジョンを持つことが重要です。将来の成長や市場の変化を見越して戦略を練ることが、持続的な成功につながります。
  7. 努力と忍耐: 億り人になるまでの道のりは簡単なものではありません。努力と忍耐が求められることがあります。失敗や困難に対して屈しない強靭なメンタルが必要です。
  8. 柔軟性と適応力: 環境や市場の変化に適応できる柔軟性が求められます。計画が変更されることもある中で、柔軟に対応し、新たなチャンスを見逃さない能力が大切です。

これらの特徴は、成功した億り人に見られる傾向ですが、個々の経歴や状況によって異なる場合もあります。

重要なのは、自身の強みや情熱を活かしながら、努力と計画的な行動を通じて目標に向かって進むことです。

もっと簡単に一言で言えば、

何かしら早く始めて時間をかけてとにかく継続し続ける(習慣化する)

ことでしょう。

アラサーで億り人になっている人は、このようなことを

「かなり早い段階から」

行っているわけです。

30歳前後で億の資産を築く道は、決して限られているわけではありません。

賢い投資、計画的なリスク管理、スキルの習得、時間の使い方、人脈構築など、さまざまなアプローチがあります。

あなた自身の強みや情熱に合わせて、これらのアイデアをカスタマイズしてみてください。

成功への道は決して容易ではありませんが、着実な努力と計画的なアプローチによって、あなたもアラサーの億り人となる可能性を秘めています。

将来への投資は、今日の積み重ねから始まるのです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
仕事・勤め先未分類法人・副業・ビジネス経済的自由(セミリタイア、FIRE)習慣
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました