【第1052号】あなたに苦手なことがあっても、むしろそれが長所になることがある

リフレーミング
この記事は約4分で読めます。

多くの人は自分よりも優れている人と比べて

「これが苦手だな」

とか

「これは全然うまくできない」

と感じることがあるようです。

例えば、英語などはそうかもしれませんね。ぺらぺらにしゃべっている人を見ると、

「ここまでしゃべれる気がしない」

とか

「今から頑張ってもこのレベルまでしゃべることができるのは難しい気がする」

といった悲観的な捉え方になりがちです。

しかし、ジャンルによっては、あなたに苦手なことがあっても、むしろそれが長所になることがあります。

例えば、化粧が苦手な女性がいたとしましょう。

苦手というのはそれ自体ネガティブな印象がある言葉ですが、

このような人は、以下のような点が長所になる可能性があります:

  1. 自然な魅力の引き立て: 化粧が苦手な女性は、化粧が苦手な分、自然な素顔の魅力を大切にする傾向があります。周囲からは、自然な美しさを持つという点が評価されることがあります。彼女たちの美しさは、あえてメイクをしないことで際立ち、周囲の人々に「自然の魅力がある」と良い印象を与えることができるでしょう。
  2. 時間や労力の節約: 化粧をすることが苦手な女性は、そもそも毎日のメイクに時間をかける必要がありません。その結果、朝の準備時間や日常の生活において、他の活動や趣味に充てることができるでしょう。また、化粧のためのコスメティック製品やメイクアップ用具の購入費用を節約することもできます。
  3. 個性の強調: 化粧が苦手な女性は、自分らしい個性を重視する傾向があります。他の人とは違った個性的なスタイルやファッションを取り入れることで、独自の魅力を表現することができるでしょう。自分らしさを大切にする姿勢は、その工夫と相まって、周囲からの評価につながる可能性があります。
  4. 肌への負担軽減: 化粧品やメイクアップの使用を避けることで、肌に負担をかけるリスクを軽減できます。自然な素顔を保つことで、肌の健康を維持し、長期的な美しさを保つことができるでしょう。

以上のように、化粧が苦手な女性が持つ個性や美しさを活かすことで、逆に、周囲から評価される可能性があります。

化粧が苦手な女性が自然な姿で美しさを保っている姿は、周囲から「素晴らしい」「ナチュラルビューティー」と評価されることがあります。メイクがない状態でも魅力的であることが強みとして認識され、個性的で特別な存在として評価される可能性があるわけです。

他の人とは異なる視点やアプローチを持つことで、自身の強みを見出し、ポジティブに捉えることができるのです。

特にファッションなどはブランドに詳しくなかったり、ブランド物を買う購買力がなかったとしても、センスの良さで自分の魅力を引き立てることも可能です。

それぞれの衣類が1000円から2000円程度であったとしても、全体的に見て品の良いファッションにすることも可能なのです。

世間が私たちに求めがちな能力がないと私たちはどうしても落ち込みがちです。

しかしながら、

そもそもそれが本当に必要なのか?

ということは考える必要があるでしょう。

必要でなければ苦手意識を持つ必要がありません。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました