【第1094号】「なんだか気になる」という違和感を大事にするべき理由

リフレーミング
この記事は約3分で読めます。

普段何気なく生活していると、

「こんなものか」

と思いながら、私たちは色々な物事をスルーしてしまいがちです。

例えば、私たちにとっては、空気は当たり前にそこに存在するものですよね。

仮に、明日から急に空気が無くなってしまったらパニックになるでしょう。

しかし、私たちはそれを日常的にそれを意識することはありません。

「それが当たり前」

だと思うと全く気になりませんし、違和感を覚えることも正直ありませんよね。

これとは違った場合として、

「ん?」

とか

「なんだか気になるな」

と何かを見て突然感じることもあなたにはあるでしょう。

このような違和感を感じた時は、その感覚に敏感になることがおススメです。

何かを感じた時というのは、非日常が待っている可能性があるからです。

特に、

「ん?」

とか

「なんだか気になる」

と感じた時には、要注目です。

特に違和感があったときはなおさら注意が必要でしょう。

それは重要視するべきです。

「なんだか気になる」という違和感を大事にするべき理由について考察してみましょう。

  1. 予兆を見逃さないため: なんだか気になる違和感は、問題や危険の予兆となることがあります。人間の直感や感覚は、論理的な思考とは異なる情報を収集する役割を果たします。したがって、違和感を感じたときには、それが重要な情報を提供している可能性があります。違和感を無視することで、問題が悪化する前に対処できる機会を逃すことがあります。
  2. 自己保護の手段: 違和感を大切にすることは、自己保護の手段でもあります。例えば、急に身体的な不調を感じたり、新しい人や状況に対して不安を感じたりすることは、身の安全を確保するために必要な反応です。違和感がある場合、それを調査し、問題があるかどうかを確認することで、自己保護が可能となります。
  3. 問題解決のスタート: 違和感は、問題解決のスタートとして機能します。何かが違うと感じることは、状況を分析し、改善のための行動計画を立てるきっかけになります。違和感を無視せずに掘り下げていくことで、潜在的な問題を特定し、対処することができます。
  4. 創造的思考の源泉: 違和感は創造的思考の源泉となります。何かが違うと感じることは、新たなアイデアや解決策を見つけるためのインスピレーションとなることがあります。違和感を受け入れ、それを探求することで、新たな視点やアプローチを見つけることができます。

したがって、"なんだか気になる"違和感は、無視せずに大事にすべきです。これは私たちの自己保護機構であり、問題解決と創造的思考の源泉でもあります。違和感がある場合、それに注意を払い、その背後に隠れている情報や機会を見逃さないよう努力しましょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました