【第1128号】商売で成功するためには「飯の種」に対する嗅覚が必須

リフレーミング
Processed with VSCO with f1 preset
この記事は約4分で読めます。

いわゆる、

商売がうまい人

もいれば、

商売がそこまで上手くない人

もいます。

それぞれ色々な個性を持った方がいらっしゃいますが、

私が見る限り、

いわゆる、商売がうまい人の場合、

「飯の種」

と呼ぶべきものに対する嗅覚の強さを人一倍感じることが頻繁にあります。

「飯の種」

という表現だとややわかりにくいですが、かっこいい感じの表現に直すと、

これは、あなたの商品やサービスが成功する可能性の高い分野や市場セグメントのことです。

商売で成功するためには、どの業界でも「飯の種」を見つけることが重要です。

これは、市場での需要や機会を的確に識別する能力を指します。

飯の種とは、あなたの商品やサービスが成功する可能性の高い分野や市場セグメントのことです。

この能力は、市場調査やトレンド分析、競合分析を通じて磨かれます。

そのような的確な投資先に投資を行うことができる人は稼ぎ続けることができるのでしょう。

商売で成功するためには、市場のトレンドにも敏感であることが重要です。

新しい技術、消費者の嗜好の変化、社会的な動向など、トレンドを把握し、適切に取り入れることが重要になりますね。

優秀な人であっても、このようなマーケットに関する感覚が鈍ると途端に稼ぐという文脈においては調子を落としてしまいます。

それを防ぐためにも、「飯の種」に敏感な人というのは、時間を作って世の中の動きに対してしっかりとついていこうとする意志を感じさせます。

ある時期においては、

「○○が今後は飯の種になる!」

とそこに集中的に投資を行い、

しかし、風向きが変わったのを察知するや否や、

「ここはもう微妙だから次の飯の種を探さないといけないな」

といった切り替えの早さが必要な場合があるので、

損切りの技術

も重要になってくることでしょう。

「ここはもう違うな」

と思ったり、

「もう次に行った方が良さそう」

と感じた際に、過去の栄光に囚われずに切り替えることも重要なのです。

傾向としては、

いわゆる職人系の人の方が、

「俺のアイデンティティや強いのはココだ!」

といった感じで、過去の栄光に拘りやすく、「飯の種」が目の前に見えてもそれをスルーしやすいところがあります。

そして、いつの間にか調子を落としていることもあるのですね。

逆に、「飯の種」に敏感な人というのは、過去の栄光に拘りすぎないため、すぐに切り替えを行うことが可能なのです。

このように、

商売で成功するためには「飯の種」に対する嗅覚が必須

であろうと思われます。

特に今は変化が激しい時代とも言われているので、

「飯の種」

自体がどんどん変化していく傾向にあります。

そのような前提を忘れずにいることが重要なのでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者

社会人5年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成し20代社会人4年目で準富裕層へ。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2023年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました