【第1167号】寝転がりながら仕事ができる体制はリモートワークの上位互換?

システム構築
この記事は約2分で読めます。

「出勤をしないとまともに仕事が進まない」

という人が存在する一方、

人によっては、

寝転がりながら仕事を進める

という人もいます。

この体制がリモートワークに対して上位互換となるかどうかは、様々な側面から検討する必要があります。

まず、身体の健康状態が不調で、ベッドから出ることが難しい場合に対する利点が挙げられます。通常のリモートワークでは、自宅や外出先で仕事を進めることが期待されますが、寝ながら仕事ができる体制では、病気や急な不調によってベッドから出ることが難しい状況でも業務を続けることが可能です。これは、特に身体的制約を抱える人々にとって非常に有益であり、リモートワークの上位互換と言えるでしょう。

もっと身近な場面では、

「朝起きたら寒すぎてベッドから出たくない」

といった理由で起き上がりたくないというややワガママな状況であっても仕事を進めることが可能です。

また、生活のリズムや個々の効率に合わせて柔軟に仕事が進められる点においても、寝転がりながら仕事ができる体制が進化した形態であると考えられます。通常のリモートワークでも、自分の最も生産的な時間に仕事をすることが可能ですが、この新しい体制ではさらに生活との一体感が強化され、個々の効率向上に寄与するでしょう。

ただし、いくつかの懸念点も存在します。例えば、コミュニケーションやチームワークが寝ながら仕事ができる体制においては、通常のリモートワークよりも一層難しい可能性があります。対面でのコミュニケーションが限られる中で、情報共有やチームの協力が制約される可能性があるためです。

ZoomやTeamsを始めとするウェブ会議でビデオをオンにしなければならないといった人の場合はなかなか導入が難しくなります。

また、ベッドから出ることが難しい場合において、労働時間や休息のバランスが難しくなる可能性も考慮すべきです。リモートワークでも、労働時間の管理が課題となることがありますが、寝ながら仕事ができる体制では特にその傾向が顕著になるでしょう。

総合的に考えると、「寝転がりながら仕事ができる体制はリモートワークの上位互換?」という問いに対しては、身体の不調に強い、生活との調和が進んだ柔軟性を発揮できる一方で、コミュニケーションの課題や労働時間の管理が難しくなるといった課題も検討すべきです。

しかし、

「いざとなれば、ベッドから出なくても仕事が進められる」

という安心感は絶大です。

「これはできる」

「あればしばらく無理そう」

ということを含めて、事前に把握しておくといざという時に慌てずに行動することが可能です。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
システム構築
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました