【第1171号】「聖域」に対する疑いの目を持て!

リフレーミング
Processed with VSCO with a5 preset
この記事は約2分で読めます。

何かを私たちが検討する際には、

「これは流石に外せないだろう」

とか

「これは、前提になるだろう」

とか

「これは無理だから辞めておこう」

といった形で、

「聖域」

のようなものに触れない、避けようとすることがあります。

これは無意識に行われることが多いため、

自分1人で物事を考えていたり、

「いつものメンバー」で物事を考えていると、

「聖域」を疑っていないという事実にすらなかなか気づけません。

そのため、

画期的なアイデア

というのはなかなか出てきません。

時折、

プロではなく素人のほうが革新的なアイデアを思い浮かべることもあるものですが、

これは無意識に避けている「聖域」とも呼べるような箇所をしっかりと見つめて疑問を持っているからでしょう。

何かを考える際には、

どうしても、既存の考え方をベースにしてしまいますが、

「聖域」を疑う目

を持つことができると、

より広範囲の検討を行うことが可能になります。

時には、

「え?!」

となるようなこともあるかもしれませんが、

実際に、「聖域」を破壊してしまうかどうかはともかくそれを疑うことは非常に重要です。

例えば、長年、机の上で勉強をしたり、仕事をしてきた人にとってはこの机という存在が「聖域」となっていることもあります。

ここで、

「実は机って必要ではないのでは?」

と考えてみることが重要なのです。

これを考えてみてすぐにこの机を捨てたり処分してしまう人は少ないかもしれませんが、

「次はもっとコンパクトなものを買おう」

といったような改善の目処をつけること

は可能になるでしょう。

これは机というその人にとっての「聖域」を疑うことによって出てくる発想です。

このように「聖域」を疑う目を持つことは非常に重要です。

あなたの身の回りにもないか探してみましょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました