【第1174号】新しい物で解決するのか、工夫で解決するのか

リフレーミング
Processed with VSCO with c6 preset
この記事は約2分で読めます。

何か問題が起こった際や、障害が発生したときに、

「これを解決するために新しい物を導入しよう」

とか

「新しいサービスで解決しよう」

と考える人は多いと思います。

しかしながら、よく考えると、新しい物の導入で解決するのではなく工夫で解決することも可能な場合が存在することに気づくこともあります。

  1. 料理の調理器具 vs アイデアと工夫:
  • 物で解決するアプローチ: 新しいキッチンガジェットや高性能な調理器具の導入。
  • 工夫で解決するアプローチ: 限られた材料を使ってクリエイティブなレシピを考案し、既存の調理器具を工夫して機能を引き出す。 例えば、野菜の切り方や組み合わせに工夫を凝らし、簡素なキッチンツールを最大限に活用することで、美味しい料理が生まれる可能性があります。
  1. 家庭の清掃器具の導入 vs 整理整頓の工夫:
  • 物で解決するアプローチ: 掃除機やクリーニング用具の購入。
  • 工夫で解決するアプローチ: 定期的な整理整頓や使わないものの処分、家族で協力することで効果的な清掃が可能。 物を増やすのではなく、日常の生活習慣や物の使い方に工夫を加えることで、家庭の清潔さを維持することができます。

これらの例から分かるように、物に頼るだけでなく、独自のアイデアや工夫によって問題を解決することで、より持続可能で柔軟性のある結果が得られる可能性があります。

私たちは、何か問題が生じると、

「何かいい商品はないか?」

「画期的なアイテムがあるのではないか?」

ついつい

目新しい物

に飛びつきがちです。

もちろん、それで問題が解決されることもありますが、追加で余計な手間とコストがかかる場合もありますし、対症療法的な解決に過ぎない場合もあります。

「工夫で解決することはできないのか?」

と立ち止まって考えることも重要でしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました