【第1180号】師走における「何も予定がない日」の素晴らしさ

リフレーミング
この記事は約2分で読めます。

12月は、

師走

とも呼ばれて忙しい日々を送っている人が多いですね。

「毎年12月は〇〇という都合でとても忙しい」

と感じている人は多いでしょう。

それは、仕事上の都合かもしれませんし、

家庭の都合かもしれません。

あるいはプライベートな都合かもしれませんね。

そのような理由について考えてみるとその中には、

「今年やり残したことが12月に結果的に先送りされてしまった」

というパターンもあるのではないでしょうか?

「これは本当は10月にやるべきだったができてなかった」

ということもあるでしょうし、

極端な場合には

「1月にはこれをやるべきだったがなんやかんやでここまでズルズルと来てしまった」

という場合もあるようです。

逆に言えばそのような先送りを一つ一つ無くしていけば、

12月といえども

「そこまで極端に忙しくないな」

と感じるようになります。

むしろ、

「今日は何もやらなくてもよさそう」

と感じるような

「何も予定がない日」

すら作り出してゆっくりすることも可能です。

師走においてそのような日を作るのは非常に重要でしょう。

次の年へのスタートダッシュに関して、12月は非常に重要な月だからです。

ここで焦らされることなくゆっくりと作戦を立てることができるのは大きいです。

また、このようにゆっくりとした時間を得ることは

「変な目標を立ててしまわない」

ためにも重要です。

私たちは油断すると今の延長線上にある目標しか思いつかなくなってしまいます。

例えば、

「今年は売上20%上がったから来年は30%上げることにしたい」

といった具合ですね。

しかし、何故30%が目標になるべきなのか、それを達成したらどんないいことがあるのか、

といった根本的な目的の部分についてはなかなか目がいきにくく、

「そもそも、なぜ売り上げを伸ばさないといけないのだっけ?」

といった根本的な部分に考えがいきつかない、落ち着いて物を考えることが難しくなりやすいです。

そのような罠が師走にはありがちなので、それゆえにゆっくりと考える時間を確保するために

「何も予定がない日」

を積極的に作ることが望ましいですし、

そのためには人によっては1月から積み残された先送り癖をある程度解消する必要があるかもしれません。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました