【第1182号】お金持ちかどうかは外からパッと見ただけではわからない

リフレーミング
Processed with VSCO with c7 preset
この記事は約3分で読めます。

「ここが私の借りているビルです」

そういって案内されたビルが

どう見ても雑居ビルで高級感がない

いかにも築古の建物

案内された部屋にあったソファはボロボロ

案内してくれる本人の服装も非常にラフな物

といった状態であった場合、

「この人はお金持ちのはずだ」

と感じる人は少ないでしょう。

むしろ、

「貧乏人っぽい」

と感じるかもしれません。

しかし、実際にはそのような人が、例えば、

適格機関投資家(10億円以上の有価証券を保有)

となっていたりするものです。

これは、事前情報がなければ当てるのは難しいでしょう。

このように、

お金持ちかどうかパッと見ただけではわからない人たちというのが世の中には存在するのですね。

外見からの富裕層の判断が難しい理由はいくつか考えられます。

  1. 節約や賢い投資の傾向:
    一部の裕福な個人は、贅沢な外見を持たずに生活することを好む傾向があります。彼らは節約を重視し、賢明な投資によって資産を築いている可能性があります。そのため、外見だけでは資産の実態を正確に反映することが難しいです。
  2. プライバシーの重視:
    一部の富裕層は、プライバシーを非常に重視しており、外部に対して贅沢な生活をアピールすることを避けています。高級な車や派手な服装を選ばないことで、自身や家族のセキュリティを守り、公には知られたくないと考えることがあります。あえて目立たないようにするのです。
  3. 資産の多様性:
    富裕層の資産は単純な形でなく、不動産、株式、投資先企業、芸術品など多岐にわたります。これらの資産は外部から容易には把握できず、外見だけではその豊かさを正確に判断することが難しいです。
  4. 社会的な期待への反発:
    一部の裕福な個人は、社会的な期待やステレオタイプに反発し、外見や所持品を通じた「お金持ちらしさ」を拒絶しています。これにより、外見だけでなく、行動や価値観を含めて判断する必要が生じます。

これらの要因からもわかるように、外見だけではお金持ちかどうかを正確に判断することは難しく、深い洞察と情報が必要です。

個々の人々が異なる選択をし、異なる価値観を持つ中で、外部からの単純な観察だけでは裕福さを正確に把握することは難しいのです。

特に最近は、

わざわざ他人にアピールしない金持ち

も増えてきています。

わざわざ他人にそのようなことを教えるメリットがない、と考えているのですね。

むしろ、近年において

わざわざ自分がお金持ちであることをアピールする人たちというのは

「何か理由がある」

と思った方が良いでしょう。

「お金持ちだと自分から言わないと他人からの関心を得ることができない」

かもしれませんし、

「実際にはお金持ちでもなんでもないけれど、目立つためにお金持ちアピール話無理してしている」

というパターンもあります。

お金持ちかどうか外見から判断するのは難しいのです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました