【第1187号】いつか、今のような健康体ではいられなくなるかもしれない

システム構築
この記事は約2分で読めます。

人はどうしても、

「今のような状態がずっと続いていく」

という想定でものを考えがちです。

その際たるものが

健康状態

と言えるでしょう。

「中学生の頃は朝から夜まで活動できたのに」

とか

「社会人なりたての頃は8時間どころか、16時間ぐらいは普通に働けたのに」

とか

そういった経験から、

「今後もずっとそのくらい活動的でいられるだろう」

とその当時の健康状態をベースに考えてしまうのです。

しかし、実際には多くの場合そうはなりません。

周りを見ていても、

「昔はものすごくバリバリと働いていたがもう厳しい」

と嘆く年配の方もいますし、

40歳近くの人が、

「10年前ほど働けなくなった」

「想像していたよりもはるかに働けなくなってしまった」

と、口にするのもよく見ますし、

35歳になりかけている人が

「最近健康診断に引っかかりやすくなった」

と、口にすることもよくみます。

そのような愚痴をこぼさない人も中にはいますが、

「ずっとあの人は健康体な上にバリバリと働いていてすごいな」

と思っていても、そんなスーパーマンみたいな人が

45歳前後で突然のご臨終

となるパターンもあります。

このように、若いうちは健康体を当たり前のように享受していても、

いつか、当たり前だったはずの、その健康体を失ってしまう可能性があるのです。

そうなると、働くことができなくなるのはもちろん、趣味なども楽しめなくなってしまうでしょう。

健康体ではいられなくなってしまう理由は、純粋な老化に加えて、普段の生活態度や労働の状況、不慮の事故の有無など様々な可能性が存在しており、そのすべてを完璧に対策するのはかなり難しいでしょう。

そのため、

少なくない人が、

「いつか、今のような健康体ではいられなくなるかもしれない」

と考えた方が良いでしょうし、

「そのような日が来てしまったら私はどうするべきなのか」

と事前に考えるようにするべきでしょう。

一般的な

老後

と呼ばれる年齢になる前にあなたにもそのような日が来てしまうかもしれません。

そのような日に備えて、

「多少自分の健康状態の調子が悪くても物事が滞らないようなシステムをつくる」

という発想が重要でしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
システム構築健康
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました