【第1242号】動産は占有を離れると基本的に手元に戻ってこない

リフレーミング
この記事は約2分で読めます。

昔から、

「借りパク」

と呼ばれる言葉がありましたね。

かくいう私も、

「借りパク」

という言葉を聞くと、

「そういえば、小学生の頃にA君にゲームボーイアドバンスSPを貸したと思ったら、いつの間にか彼が転校してしまってそのまま返してもらえなかったな……」

ということも思い出すこともあります。

一方で、日本は基本的に治安が良いおかげか、

喫茶店などでは、自分の物をテーブルなどに置くことによって、

「ここは私が使用しています」

とアピールすることもありますよね。

海外に行ったことがある人はわかると思いますが、同じことを海外でやると、そのまま盗まれて物が戻ってこないことの方が多いです。

いつの間にか他人の手に渡ってしまった物に対して、

「あれは私の物だ」

と所有権を主張しても、

「本当にあなたの物なの?」

と疑義を呈されることもあるでしょうし、

何らかの理由で所有権が移転してしまっている場合すらあります。

治安の良い日本だとなかなか意識されにくいことではありますが、

動産は占有を離れると基本的に手元に戻ってこない

と思った方がいいです。頑張って取り返すことができる場合もありますが、それを完遂するのは大変です。

最近では、高級腕時計を預けたらそのまま転売されそうになった、という話も聞きますね。

自分の物だから、

預けた先が信頼できそうだから、

といった感覚で動産の占有を離れると、そのまま手元に戻ってこなくなってしまうことがあり得るのです。

そのため、動産というのは基本的に自分の手の届く範囲で管理するべきなのですね。

手が届かないところにある物は、例えば、「忘れていた」という理由で第三者に取られてしまっても気づくことすらできない場合もあります。

そして、このように動産の管理を行うという話が出てきたときに、やはり、もともと対象となる動産の数自体を少なくしておくことで管理コストを下げることが可能になります。

そうすることによって、

「そういえば、あれが手元にない!?」

ということにすぐに気づくことができます。

ミニマリストの場合は、所有している動産自体が少ないことも多く、この辺りの管理コストが少ない人も多いでしょう。

普段は意識しないかもしれませんが、

動産は占有を離れると基本的に手元に戻ってこない

という意識はたまには思い出したいものです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング空間管理
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました