【第1373号】個人のための資産形成なのか、次世代のための資産形成なのか

リフレーミング
この記事は約4分で読めます。

最近、

「次世代」

というキーワードに対する関心が強くなってきました。

以前は、

「22世紀」

に対する関心がそれなりに強かったのですが、それは具体的には2024年から数えて77年後の話であって、自分自身が亡くなる(可能性が高い)タイミングです。

次世代

の場合には、それよりも早い段階で問題となり得るため、具体的に何をするべきなのか、ということを考えやすいと感じます。

そして、例えば、資産形成の目的の場合、

「個人のための資産形成なのか、次世代のための資産形成なのか」というテーマ

が出てくるかもしれません。

特に、資産形成の目的が個人のものから次世代に移ることもあるでしょう。

今まで

「資産形成は自分のため」

と考えていた人は大きな転換期を迎えることになります。

資産形成の初期段階:個人のための資産形成

資産形成の初期段階では、個人が以下のような理由で資産を築くことが多いです:

  1. 経済的安定: 自分自身や家族の経済的な安定を確保するため。これは、生活費、教育費、医療費などの必要経費を賄うためです。
  2. 将来の安心: 老後の生活資金や、予測できない将来の出費に備えるため。
  3. ライフスタイルの向上: 趣味や旅行、娯楽など、自分のライフスタイルを充実させるため。

資産形成の次の段階:次世代のための資産形成

一定の資産を築いた後、多くの人々は資産の目的を次世代に向け始めます。この移行の背後にはいくつかの要因があります:

1. ライフステージの変化

ライフステージの変化は資産形成の目的に大きな影響を与えます。若い頃は自分の生活のために資産を築くことが主な関心事ですが、年齢と共に次のような変化が起こります:

  • 家庭の形成: 結婚や子供の誕生によって、家族の将来を考えるようになります。教育費や住宅資金など、家族のニーズが増えるため、資産形成の目的が次世代にシフトします。
  • 死後の準備: 自分の老後の生活費を確保しつつ、子供や孫のための資産も考えるようになります。

2. 経済的な安定と満足感

一定の資産を築き、経済的に安定すると、自分自身の生活に必要な資金が十分に確保されていると感じるようになります。その結果、次の段階として次世代のための資産形成に関心が移ることがあります。

  • 達成感: 自分のための目標を達成すると、新たな目標として次世代へのサポートを考えるようになります。
  • 余剰資金の活用: 自分の生活費以上の余剰資金が生まれることで、それをどのように活用するかを考え始めます。

3. 家族愛と責任感

家族愛や責任感は、資産形成の目的を次世代に移す大きな動機となります。

  • 家族の幸せ: 自分の家族が経済的に安定し、幸せな生活を送ることを望むため、資産を次世代に引き継ぐことに注力します。
  • 親の責任: 親としての責任感から、子供や孫の未来をより良くするために資産を残そうと考えます。

4. 社会的影響と価値観の変化

社会的な価値観や環境の変化も、個人の資産形成の目的に影響を与えます。

  • 文化的価値: 多くの文化では、家族に資産を残すことが重要視されています。こうした文化的背景が次世代への資産形成の動機となります。
  • 社会的期待: 高い地位や名声を持つ人々は、社会的責任を感じ、次世代へのサポートを通じて社会貢献を目指すことが多いです。

5. 税務上の理由

資産を次世代に渡す際の税務上のメリットやデメリットが、資産形成の目的に影響を与えます。

  • 相続税対策: 高額な相続税を回避するために、生前贈与や信託を活用して資産を次世代に分散する戦略が一般的です。
  • 税制優遇: 子供や孫への教育資金の贈与に対する税制優遇措置を利用することで、資産を効率的に次世代に移すことができます。

資産形成における戦略の変化

資産形成の目的が個人から次世代に移行する際には、以下のような戦略の変化が見られます:

  1. 長期的な視点
    • 短期的な投資から、長期的に安定したリターンが期待できる投資へとシフトします。例えば、不動産投資やインデックスファンドなどが考えられます。
  2. リスク管理
    • 次世代に安定した資産を引き継ぐために、リスクの低減を図ります。これには、分散投資や保険の活用が含まれます。
  3. 税務対策
    • 相続税対策や贈与税の最適化を図り、税務上の負担を軽減するための戦略を採用します。適切な贈与のタイミングも重要です。

結論

資産形成の初期段階では個人の経済的安定とライフスタイルの向上が主要な目的ですが、一定の資産を築いた後は、次世代のための資産形成が重要なテーマとなります。

この移行は、相続対策や次世代の経済的安定、家族の価値観の継承、そして社会的影響など、多岐にわたる要因によって支えられています。

このような目的の変化は人生観をも大きく変えることでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人6年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万7500円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました