【第1375号】人生最大の支出が相続税となるような人々~自慢と現実のギャップ~

人生ゲーム
この記事は約3分で読めます。

華やかな生活をSNSで発信したり、

高級なレストランで食事を楽しんだり、

周囲を圧倒するような資産形成術を披露したり。

一見、順風満帆な人生を送っているように見える独身者の中には、将来的な落とし穴に気づいていないケースが少なくありません。

その落とし穴こそが、

**「相続税」**

です。

1. 自慢の資産、相続税で吹っ飛ぶ?

確かに、あなたは自慢できるほどの資産を築き上げてきたかもしれません。

しかし、あなたの資産は最終的には志望によって相続税の対象となることを忘れてはいけません。

生きているうちに多額の資産を築いていたとしても、死後には容赦なく徴収の対象となります。

2024年6月現在、相続税の基礎控除額は3,600万円です。

自慢の資産が基礎控除額を大きく超えている場合、想像以上に高額な相続税を支払う羽目になる可能性があります。

例えば、評価額1億円の土地と建物を所有している場合、基礎控除額を差し引いた6,400万円が課税対象となります。仮に相続人が配偶者のみで、配偶者控除を適用した場合の相続税率は**20%**となります。

したがって、相続税額は1,280万円となります。これは、自慢の資産の**約13%**に相当する金額です。

2. 自慢の先にあるもの:家族への負担と後悔

相続税対策を怠った結果、多額の納税義務が発生した場合、深刻な問題が生まれます。

まず、現金で納税する必要があるため、預貯金や金融資産を大幅に取り崩す必要が出てきます。

せっかく築き上げた資産が、一瞬で消えてしまうのです。

さらに、納税資金が不足している場合は、不動産や事業の売却を余儀なくされる可能性もあります。

自慢の財産を手放さざるを得ない状況は、精神的にも大きな負担となります。

そして、最も深刻なのが、家族への影響です。

多額の相続税を支払うために、家族が生活費を削ったり、教育資金を捻出したりする必要が出てくる可能性があります。

例えば、配偶者と2人の子供がいる場合、多額の相続税を支払うために、住宅ローン返済が困難になったり、子供の教育資金を十分に用意できなくなったりする可能性があります。

自慢の資産を守ることは重要ですが、同時に家族の将来についても十分に考える必要があります。

3. 賢い相続税対策で、自慢と現実のギャップを埋める

相続税対策は、早めに行動することが重要です。

亡くなる直前になって慌てて対策を講じようとしても、有効な手段が限られてしまう可能性があります。

具体的な相続税対策としては、生前贈与や生命保険の活用などが挙げられます。

とはいえ、相続税対策は、専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。税理士などの専門家は、あなたの状況に合った最適な対策を提案することができます。

自慢の資産を守るために、そして家族を守るために、今から相続税対策を意識し始めましょう。人によってはこれからのお金の稼ぎ方や使い方を再考することになるかもしれません。

※上記の情報は、2024年6月29日時点のものであり、今後変更される可能性があります。

相続税に関する具体的な相談は、税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人6年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万7500円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
人生ゲーム未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました