【第585号】たとえ、好条件であっても信用性が低い取引先とは取引しない

仕事・勤め先

普段コンビニなどで商品などを買う時、

多くの人は、

商品そのものに着目するでしょう。

すなわち、

この商品は自分にとって役に立つものなのか?

あるいは、

この商品に対して支払う金額は妥当なものなのか?

ということを気にするわけですね。

これは、

取引条件の内容が良いか悪いか

という視点でものを見ているわけです。

基本的に、お金を支払う側としては、商品を購入して、その商品で満足できれば良い、すなわち使用価値が実現できれば良いのですから、

「取引条件が良ければそれでいいんじゃないの?」

と感じるかもしれません。

しかし、取引条件がたとえ良くても、なるべく手をつけない方が良い案件というものも世の中には実は存在します。

具体的には、

取引先の信用性が低い場合

です。

最も極端な例でいくと、

いわゆる

反社会的勢力

との取引は避けるように十分に気をつけるべきです。

たとえ、良い取引条件を持ちかけられたとしても、

その後の人生においてあなたに悪影響を及ぼし続ける存在になる可能性が高いです。

反社会的勢力

となると極端な例になってしまいますが、

そこまで行かなくとも、

取引先としての信用性がそもそも低い相手というのは存在します。

すなわち、相手に対して好条件は出しておくものの、

それ以外の振る舞いとして、

「自分だけが得をしたい」

という姿勢が前面に雰囲気として出ている方というのが存在します。

具体的にいかなる振る舞いがあればどうこうという話ではなく、

総合的にこれは判断するしかないのですが、

他人を出し抜こうという気持ちがどこかに見られるのです。

単純に商取引における常識的な知識などが欠けている方も中にはいらっしゃいますが、

取引は自分と相手あってのものなので、基本的にはwin-winの関係になることが理想であるにもかかわらず、明らかにそれを意識していない振る舞いなどが見られるわけですね。

このような

本人の信用性が低い場合

というのは、

そもそもその人と人として関わるべきではない

という話でもあるので、

たとえ、好条件の取引を持ちかけられたとしても私の場合は取引をお断りすることになります。

それほど、相手本人の信用性というのは、取引条件を越えて重要視するべきであると考えています。

これは、商取引などに限らず、いわゆる転職活動などにおいても重視されるべきでしょう。

たとえ、待遇が良い条件を貰えたとしても、その勤め先そのものの信用性が低い場合というのは、長期的なキャリアの面を見ると良くない影響を及ぼす可能性があります。

実際のところ、

取引条件は良いが相手自体の信用性が低い場合、という案件が出てきた時には多くの人は取引するべきか迷うかもしれません。

これは、

取引条件という目先の短期的な利益を重視するか、

あるいは、

取引相手の信用性、その相手とそもそも関わるべきか、という長期的な利益を重視するべきなのか、

という迷い方でもあります。

短期目線なのか?

長期目線なのか?

ということですね。

先々の生活に余裕のない方は目の前の餌に釣られるという短期目線に陥りがちなので意識的に気をつけた方が良いかもしれません。

長期的な利益を重視するならば、

たとえ、好条件であっても信用性が低い取引先とは取引しない

と決めておくことがおすすめです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
仕事・勤め先未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み