【第605号】Amazon株を5ドルで買えた人は今頃すごく儲かっているという話

未分類

多くの人は今や

Amazonにお世話になることが当たり前の生活を送っています。

GAFAMの一角としてのAmazonの名前を今や知らない人はほとんどいないでしょう。

私たちの日常をAmazonのサービスは大きく変えていると言えるでしょう。

その株価は最近は下がってきているとはいえ、実は数十年単位という長い目で見てみると、近年相当上がってきているのですよね。

そこでふと、ずっと前のAmazonの株価はどのように推移してきたのだろうかと気になったので、調べてみたところ以下の通り↓

日付始値高値安値終値前年比前年比%売買高(株)
20213,270.003,773.082,881.003,334.34+77.41+2.38857,369,795
20201,875.003,552.251,626.033,256.93+1,409.09+76.31,248,021,601
20191,465.202,035.801,460.931,847.84+345.87+23.0977,971,978
20181,172.002,050.501,170.511,501.97+332.50+28.41,418,040,266
2017757.921,213.41747.701,169.47+419.60+56.0882,949,467
2016656.29847.21474.00749.87+73.98+10.91,038,805,155
2015312.58696.44285.25675.89+365.54+118957,259,202
2014398.80408.06284.00310.35-88.44-221,030,226,257
2013256.08405.63245.75398.79+147.92+59.0748,390,410
2012175.89264.11172.00250.87+77.77+44.91,050,233,531
2011181.37246.71160.59173.10-6.90-3.81,460,611,235
2010136.25185.65105.80180.00+45.48+33.81,838,110,730
200951.35145.9147.63134.52+83.24+1622,146,562,394
200895.3597.4334.6851.28-41.36-452,520,502,562
200738.68101.0936.3092.64+53.18+1352,452,076,484
200647.4748.5825.7639.46-7.69-161,792,363,960
200545.0550.0030.6047.15+2.86+6.461,816,964,831
200452.7657.8233.0044.29-8.33-162,149,770,543
200319.1961.1518.5552.62+33.73+1792,285,069,107
200210.9425.009.0318.89+8.07+74.62,113,429,343
200115.8122.385.5110.82-4.74-302,111,925,500
200081.5091.5014.8815.56-60.56-802,207,048,500
199954.61113.0041.0076.13+22.58+42.24,278,770,200
19985.0060.314.1553.54+48.52+9665,209,278,600
19972.445.501.315.02703,826,400
https://us.kabutan.jp/stocks/AMZN/historical_prices/yearly

これを見ると、

Amazonの2021年の終値は3300ドルを超えている一方で、

1997年の終値はわずか5ドルです。

すなわち、この1997年の段階でAmazonの株に目をつけて購入することができてずっとホールドしていた人はかなりの含み益を記録しているはずです。

実に600倍以上の差がついており、テンバガーなんてものではありません。

したがって結果論から言えば、

1997年の段階でAmazonの株に目をつけて、実際に購入していればかなり儲かった

と言えるわけですが、

このようなことは後になってみればいくらでもいえることでもあるというのが悩ましいところです。

1997年の時点で多少Amazonの株に興味があった人であっても、

当時においては

「この株価では高すぎる」

と感じた人はたくさんいたでしょうし、

その後2001年や2006年の際には株価は大きな停滞をしていることから、

この時点で

「やっぱりあの株価は過大評価されすぎだった」

として手放したりする人もいたと考えられます。

このように順調に伸びない時期も存在していることから、

早めに買っておいてずっとホールドし続ければ、良いということをわかってはいてもなかなか現実的にはできない、

ということがよくわかります。

しかしそのような人が大半を占める中で

ごくごくまれに

「Amazonの株が5ドルの時に買っていたからめちゃくちゃ儲かった!」

という人も実在するのです。

このような人は、

「この会社だったら未来がありそうだ」

と感じながら他の人がとっていないリスクをとったからこそ結果的に大きく儲けることができたと言えるでしょう。

既に人気が出てしまったものに飛びつくのは簡単ですが、まだそこまで日の目を見ていないものに対しても投資するのは簡単ではありません。

これは株価だけではなく、人であっても同様です。

人の場合もわかりやすい成果を上げることができた人は一躍脚光を浴びて人気者になれるのですぐに人が寄ってきます。

しかし、その人が日の目を浴びていない段階で既に目をつけることができるかどうかによって真に目利きができているのかが分かれると思われますし、

人気が出る前から支えてくれた人に対しては本人もよく覚えてくれるものです。

このように、

「将来性のある人、物に投資する勇気があるだけで得をすることがある」

とも言えますし、

特段得をしなかったとしても、

人の場合には、

「自分の芽が出ていない時にもちゃんと自分を見てくれた人」

として

純粋に相手にも好いてもらいやすい

といえるでしょう。

そのため、

まだ世の中にはそこまで認められてはいない物であっても、

自分が

いいな

と感じたものには

多少リスクがあったとしても投資してみるのがいいかもしれませんね。

最近は、米国株自体がかなり厳しい市況になってはいるようですが、それでも長い目でみたらどうか?という長期的な視点を忘れないようにしたいものです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み