【第624号】ピカソの40年分の研鑽の歴史は初対面の人からは見えにくい

コミュニケーション
この記事は約5分で読めます。

ピカソという有名な画家がいますよね。

特に『ゲルニカ』は世界史の教科書にも載っているほど有名な絵です。

https://www.suiha.co.jp/column/picassogerunika/

彼に関して、出典不明の有名なエピソードがあります。

”ある日ピカソがレストランで食事をしていた時のことです。ファンの女性が「お礼はするから、何か簡単に描いてほしい」とレストランのナプキンを差し出しました。ピカソは30秒ほどでさっと絵を描き上げ、その女性に1万(1ドル100円換算で約100万円)ドルの請求をしました。

女性はそれにびっくりして

「あなたの絵は高いのは知っているが描くのに30秒もかかっていないのに!?」

と尋ねました。

するとピカソは

「いや、30秒ではないよ。40年と30秒かかっているんだ」

と答えた。”

……このエピソードが事実なのか否かは実際のところ定かではありません。

確かにそのときピカソがナプキンに描いた時間はたったの30秒だったかもしれません。

しかしそこにレベルに至るまで、ピカソがどれだけの長い歳月をかけて技術を磨き上げていたのか。

ピカソが描く絵の価値というのは、その人物がそこまで築き上げてきたすべての物まで含められての物ということになるのでしょう。

このエピソードは画家などを始めとして、

クリエイティブな仕事をしている人や

目の見える商品ではなく自分の持つスキルを武器にしている人は考えさせられるお話でしょう。

現にネットを見ていると、

「なんか、友達にただで絵を描いてほしいとか言われた……」

と嘆く絵師の方もたくさんいます。

そして、そのたびに

「絵を描くことの大変さがわかっていない!」

とか

「そんな友達はやめましょう。縁切りで。」

といったコメントがついていたりします。

とはいえ、実際のところ、

冒頭のピカソの絵の話でいうところの女性の気持ちも私としてはわからないわけではないです。

おそらくは、

「ピカソの絵は高いらしいとは知っていたけれど、実際どのくらいの値段を請求されるのかは想像つかなかった」

という感覚だったのでしょう。

びっくりするのも無理ないかなと感じます。

例えば、ピカソが日ごろから

「私の絵を描く場合は1分あたり2万(1ドル100円換算で約200万円)ドルします」

と報酬請求の原則を対外的にアピールしていたらどうでしょうか?

その場合、ピカソによる無償のボランティア活動を期待しない限りは、

ちょっとお願いをするだけでもピカソから相当程度の金銭が請求されることがその女性にも予測可能だったでしょう。

そういう意味で、見積もりを事前に出すことは大事になります。

また、ピカソは

「いや、30秒ではないよ。40年と30秒かかっているんだ」

とコメントしているようですが、

正直、昔から仲が良い人でもなければ、

ピカソが相当レベルの技能を持つまでに40年近くも実際には費やされているという事実そのものにまず気付かないでしょう。

場合によっては、親でも難しいのではないでしょうか?

正直、ファンであってもピカソが無名の頃からのファンというのは人数を考えても限りなく少ないはずです。

とすると、特に初対面の人から見ると、

「目の前の人が30秒ぐらいでさらっと絵を描いた」

以上の情報はどうしても得難いのですね。

初対面というシチュエーションでは難しいかもしれませんが、

「今の自分の到達点は40年かけて築き上げてきたものである、よって、私が絵を描く場合は1分あたり2万(1ドル100円換算で約200万円)ドルします

ということを何らかの方法ではっきりと相手に伝える必要があるのです。

例えば、絵の場合は、

イラスト成長記録

で調べると、自分自身の絵師としての成長過程を目に見える形で載せている人がいます。

中には10年以上もかけてものすごい勢いで上達の跡が見えられる人もいます。

このように、

成長の過程が可視化

されていると、

対外的にも今の技量に到達するまでに相当程度の時間がかかっているということがわかるようになります。

「今の自分は大したことがないから」

と、自分の成長を敢えて記録していない人もいるかもしれません。

しかし、それは場合によっては損をすることにつながりかねないのです。

大した成果が出ていないと自分では思っていたとしても、

その都度データを収集しておくことで、

成長過程という物を創り出すことができます。

そして、そのパーソナルデータの集積がいつか対外的に価値ある情報になる可能性があるのですね。

いずれにせよ、ピカソのエピソードを見て私がまず思ったのは、

「今の自分の到達点は40年かけて築き上げてきたものである、よって、私が絵を描く場合は1分あたり2万(1ドル100円換算で約200万円)ドルします」

ということを何らかの方法で相手に伝えるにはどうすればいいのか?

ということを常に考えて有効な方法を模索し続けることが大事だということです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
コミュニケーション未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み