【第633号】わからないことに対して「わからない」と素直に言うことの大切さ

未分類

若いうちは難なくできていたはずなのに、

ある程度年齢を重ねるとやりにくくなることといえば、

なんでしょうか?

それは、長時間労働に耐えることかもしれませんし、強いバイタリティを持つことかもしれません。

それ以上に多くなりがちなのは、

「わかりません」

と素直に口にすることではないでしょうか?

新人などの場合は、

わからないことが当たり前

とされているので、

先輩などに対しても、

「わかりません」

と口にしやすかったりするのですが、

ある程度年齢を重ねたりしてくると、

「あれ?これよくわからないな?」

と内心で思ったとしても、

周りの目を気にして、

「わかりません」

と素直に口にしにくくなってしまいがちなのです。

しかし、

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

ともいわれるように、

一度タイミングを逃してしまうと、

知らないことを放置したまま時だけが経ってしまうということにもなりかねません。

そして、そのまま

「正直、よくわからないな……」

と思いつつも、

わかっているふりをし続けてしまうという形で

問題を先送り

し続けてしまい、

ある時、

恥を恐れて「わからない」と言えなかったこと

に対する積年の負債が襲い掛かって来てしまうことになりかねません。

年配の立場になればなるほど

「このポジションで『わからない』と言うのは憚られる」

と感じてしまいがちですが、

現代は変化の激しい時代ともいわれている通り、

そもそも、数年前には全く予想もつかなかったような事象も生じやすい時代です。

このような時勢においては、

年を取っているから経験値が豊か

といった図式が成立しにくくなっており、

むしろ、

どんな人であっても初心者

となってしまう分野も出てきてしまっています。

そうすると、

わからないことをわからないままに放置してしまうよりも、

「わからない」

とはっきりと口にしたほうが良いことが多いでしょう。

「わからない」

と口にすれば、

わかっている人から教えてもらえることもありますので、

学ぶチャンスを得ることもできるのです。

「わからない」

と口にしなければ学びのチャンスはやってきません。

本当に小さなことではありますが、

このような小さなことで差がつくのです。

ちょっと言いにくいなと感じることもあるかもしれませんが、

わからないことに対して「わからない」と素直に言うことの大切さ

を現実に実感することができれば、

「わからないことがあったら、『わからない』とはっきりと言うことが大事になってくる」

ということが分かるようになると思います。

このようなことでも学びに差がついてきます。

わからないことに対して「わからない」と素直に言うことは将来にわたって考えると、今の段階で習慣化しておきたい

私はそう考えています。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万5500円(税込)(※好評につき2022年4月1日から5500円(税込)値上げしています)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
未分類習慣
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み