【第646号】ストレスに対する万能薬としての睡眠を普段から確保できるようにする

時間管理
この記事は約3分で読めます。

もう何年も前から、

「この商品はストレスに効きます!」

という触れ込みの商品は売れまくっているようです。

それは例えば、

チョコレートのような固形物

かもしれませんし、

ヤクルトなどの飲料物

かもしれません。

もっとストレートに

などもあまりよくないかもしれませんが、人気があるようです。

しかし、今後どのような商品が出てきたとしても、

睡眠をしっかりととる

以上の万能なストレス対策はないと私は考えています。

実際、強いストレスによってかなりメンタルがやられていたとしても、

他の事を優先せずに、睡眠時間をしっかりと確保することが

心が軽くなることにつながりますし、

睡眠こそが最大の処方箋だと感じます。

個人的に、しっかりと睡眠をとるべきと感じるシグナル、予兆が日常生活において出てくることがあります。

それは、

食欲に異常を感じた時

です。

具体的には、

いつもと同じぐらい食べているのにもっと食べたい

とか

もっと食べて満たされたい

と感じてしまう時です。

これは私にとって、

食欲に異常を感じた時といえます。

このようなことがあった場合、

まだけると思っていても、取り敢えず睡眠をしっかりととる

ということをしておくと、

それ以上に睡眠負債が溜まっていくのを防ぐことにつながります。

人によっては、

「日常が忙しすぎてなかなか睡眠時間なんてとれない」

と感じる人もいるかもしれません。

確かに、主観的にはそうかもしれませんが、

スマホの使用記録などを時折確認してみてください。

よく見ると、1日あたり2時間ぐらい動画サイトやSNSを見ているという記録が出てきたりします。

理屈上はその分を睡眠時間に充てることができれば良いという話になります。

どうあがいても私たちの1日は24時間しかないので、

その中で、

必要なタイミングで睡眠時間を確保できるのか?

という問題が生じます。

睡眠時間を確保したかったら、他のことに使用している時間を削減するしかない

わけですね。

現代社会においては、生きているだけで日々ストレスが蓄積していきやすいです。

したがって、

ストレスに対する万能薬としての睡眠

をいつでも確保できるようにするためにも、

時間管理がとても重要になってきます。

イメージとしては、風邪薬、解熱剤などをいつでも使用できるように念のため確保しておくイメージですね。

睡眠の場合は、主に睡眠をするための時間、睡眠時間を確保することができるようにしておくことが薬を普段から保管しておくのと同様に重要になってきます。

時間管理について普段から真剣に考えるということは、

睡眠という万能薬をいつでも確保し、使用するためにも重要な試みなのです。

いざという時のためのストレス対策ともいえるでしょう。

このように考えると、

改めて、

時間はとても重要である

ということがわかると思います。

時間管理について学び実践を重ねるということは、いざという時の万能薬を確保するためにも重要なことだと言えるでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
時間管理未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み