【第654号】「桁違いの世界」との触れ合いにより人は飛躍のきっかけをつかむ

リフレーミング
この記事は約3分で読めます。

それまでは客観的に見ると平均的な人、普通の人だったはずなのに、急に大飛躍を遂げる人が時折います。

このような人には何が起こっているのでしょうか?

突然運よく奇跡がその人の身に舞い降りてきたのでしょうか?

確かに、そのような僥倖、幸運が降り注いできたことによって突然飛躍する人もいるでしょう。

しかし、実際にはそのようなきっかけが目の前に舞い降りてくる前にまず起こりやすいことがあります。

それは、

今までその人が付き合っていた人とは異質の他人との出会い

になるでしょう。

「異質の他人」

というのがポイントで、

「このような人が存在するんだ!?」

と驚いてしまうような人を発見することが大きなきっかけになることが多いようです。

実際、そのような人が普通の人に何をもたらしてくれるのか?

といえば、

「桁違いの世界」との出会い

になるのかなと考えています。

具体例を挙げると、

今まで月収2桁万円の人しか周りに存在しない人にとっては、

月収3桁の人との出会いがそのまま「桁違いの世界」との出会いになるでしょうし、

今、月収3桁万円の人が月収4桁万円の人と出会うこともそのまま「桁違いの世界」との出会いになるでしょう。

もちろん、月収4桁万円の人が月収5桁万円の人と出会うことによっても似たような効果があるでしょう。

他の例で行くと、

今まで、

100メートル走において、

「今は12秒だけど、このまま10秒台まで頑張って記録を伸ばしたい」

と考えている人が、

突然目の前に

9秒台で100メートルを走り切る人

を目撃してしまった場合などが当てはまるでしょう。

一瞬、

「!?」

と面食らった気持ちになるかもしれませんが、

そのような出会いによって

「今まで10秒台を目指していたけど、せっかくだから、10秒台ではなく1桁の記録を目指してみよう」

といった気持ちになるでしょう。

このように、

「桁違いの世界」との出会い

によって、人は視野が広がります。

「実はもっと行けるのではないか??」

と考えて、

今まで設定していた目標をさらに拡大する人もいるでしょう。

このようなスケールの拡大の意識によって飛躍のきっかけをつかめるようになっていきます。

このような話に対して、

そうはいっても、「桁違いの世界」との出会いをもたらしてくれる人との出会いとかないんだけど……」

と感じている人もいるかもしれません。

しかし、これは意識の仕方によって、自分自身である程度掴むことも可能ではないか、と考えています。

特に目の前に100メートル走を9秒台で走る超人ともいえる人が現れなくとも、

「今まで10秒台を目指していたけど、せっかくだから、10秒台ではなく1桁の記録を目指してみよう」

と考えてみることは可能です。

「実は自分でももっと行けるのではないか??」

と考えてみることが大事なのですね。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み