【第660号】10年前のあなたは今のあなたを予想できていましたか?

リフレーミング

「自分は将来どうなってしまうのだろう」

と、ふと不安に駆られてしまうときはありませんか?

あるいは、その逆に、

「将来の自分はどこまでここから飛躍することができるのだろう」

とポジティブなことを考えている人もいるかもしれませんね。

おそらく割合としては、

不安感の方が強い

と感じている人の方が多いかもしれません。

しかし、

実は、未来のあなたというのはあなたの想像以上に飛躍している可能性があります。

……というだけではピンと来ない人もいるかもしれません。

そのような人は、

10年前のあなた

今のあなた

比べてみてください。

そして、

10年前のあなたは今のあなたを予想できていたか考えてみてください。

10年前のあなたの時点の記憶をたどってみてください。

10年前のあなたは今のあなたを予想できていましたか?

おそらく当時も、

「将来の自分はどうなっているのだろうか」

と漠然と考えていたのではないでしょうか?

その時の予想の範囲内にあなたは収まっていたでしょうか?

実際は、その時の予想の範囲を超えているのではないでしょうか?

今付き合っている友人のことは10年前には知らなかったではないでしょうか?

今やっている仕事の内容は10年前のあなたが予想していなかったものではないでしょうか?

自分の熱中していた趣味も実は全く別の物に変わっているのではないでしょうか?

もちろん、当時と比べて特に変わっていない点も多々あるでしょう。

しかし、10年前のあなたと今のあなたを比較してみた場合に、想像以上に自分が変化している点がないでしょうか?

人間というのは10年という月日を経ると当時において想像できないほど大きく変わってしまうものなのです。

人によっては、性格や思想についても大きく変わっているかもしれません。

ここまで変化しているともはや大変化を遂げていると言えるでしょう。

それを念頭に入れて改めて、

「自分は将来どうなってしまうのだろう」

「将来の自分はどこまでここから飛躍することができるのだろう」

とふとあなたが頭の片隅に思い浮かべたら、

その時に想像した以上に10年後のあなたは変化している可能性があります。

これは、

今のあなたでは10年後のあなたをなかなか想像できない(=よって、考えるだけ無駄)

と捉えることができるでしょうし、

あるいは、

今のあなたでは10年後のあなたをなかなか想像できない(=よって、今の自分では難しいかもしれないと思えるような大それたことを考えたとしてもそれが叶ってしまう可能性がある)

と捉えることも可能です。

どちらの捉え方もありえますし、

それはあなた自身が選択することになるでしょう。

しかし、

どうせならば、

今のあなたでは10年後のあなたをなかなか想像できない(=よって、今の自分では難しいかもしれないと思えるような大それたことを考えたとしてもそれが叶ってしまう可能性がある)

というポジティブな捉え方を採用してみる方がおススメです。

何故ならば、

その方が、

その時想像した(想像できた)もの以上に自分が飛躍することができる可能性があるからです。

もちろん、ある程度の限界はあるかもしれません。

しかし、

こちらの発想の方が結果的に自分の可能性を広げることができるでしょう。

10年前のあなたは今のあなたを予想できていましたか?

一度それを思い返してみるとよいかもしれません。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万5500円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げ予定)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み