【第680号】投資で一日100万円単位で儲かっても動じないことが大事

未分類

投資というのは一般的に

夢あるもの

というイメージがあるようです。

書店などに行くと、株式投資のコーナーなどで

「私はこのような方法で1億円投資で稼ぎました!」

とか

「たった一日で1000万円儲かりました!」

といった景気の良いフレーズが目につきますし、

SNSなども見ていても、

「今日は1日で120万円儲かりました」

「寝て起きたらお金めっちゃ増えてたw」

といった景気の良い話が大量に目の前に飛び込んできます。

特に、勤め人の場合は、一日に大金を稼ぐことがほぼできないため、

このような話を見ると、

「いいな~」

と感じてしまうでしょうし、

「自分も一気に100万円とか稼ぎたいな~今の仕事キツイし……」

とついつい考えてしまいます。

しかし、実際には常に景気が良い話ばかりではありません。

一気に数百万も増えてしまうということは、一気に数百万円も減ってしまう可能性があるのです。

投資とはそういう物です。

投資を始めたばかりの人はそもそもの投資元本が少ないことからなかなか実感しにくいところではあるのですが、

そこそこの投資元本になってくると、増えるのも減るのもスケールが大きくなってきます。

【第657号】投資の含み損1000円に動じていた私→100万円~200万円の一時的な下落にも動じなくなった私の成長譚
「成長とは何か?」と時折自問することがあります。多くの人にとって、成長というのは、昨日はできなかったことが今日はできるようになった!というスキル面の習得を指すことが多いのかなと感じることの方が多いかもしれま...

たった一日で一気に毎月の給与以上の儲けが出ることもありますし、

一気に100万単位での儲けが出ることもあります。

そして、同時に、

一気に100万円単位で損をしてしまう可能性もあるのです。

投資元本が増えれば増えるほど、

儲けも甚大

になりますし、

損も甚大

になるのです。

このようなことが経験とともにわかってくると、

投資で一日で100万円単位で儲かっても動じなくなりますし、

それが当たり前のものと受け止められるようになります。

そして、

「一気に100万単位での儲けが出るならば、一気に100万円単位で損をする可能性もある」

ということが肌感覚で分かるようになります。

こうして、

投資で一日で100万円単位で儲かっても動じなくなり、

自分のやるべきことに集中できるようになってくるのです。

このような話は投資に対する

夢あるもの

というイメージを崩してしまうかもしれません。

しかし、

いわゆる長期を睨んだ投資というのはそういうものなのではないでしょうか。

投資は常に順風満帆とは限らない。

そのことが腑に落ちるようになってから、

投資の成績がついてくるようになることでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万5500円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げ予定)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み