【第737号】心の複雑骨折、うつに対する標準治療は何か?

健康

「もしかしたら、うつなのかもしれない」

現代社会に生きる人の中には、そのように時折感じる人もいるようです。

うつに一旦なってしまうと、

仕事がまともにできない

にとどまらず、

日常生活がまともに送れない

といった状態になる可能性もあるため、早急に改善する必要が出てきます。

このように、

「しんどい……」

と感じ始めて、

取り敢えず、

精神科

とか

心療内科

に診療することを考える人も出てきます。

しかし、いざ予約を取ろうとすると、受付で

「最短で1か月後になります」

などと言われることもあり、早く診てもらいたいのにすぐに診療してもらえない、といったこともままあります。

診療した方が良さそうと本人が感じた時点ですでにかなり追い込まれている場合があるため、

そのような状況で

「最短で1か月後になります」

などと言われると結構な絶望感を感じることになります。

したがって、特にうつになったことがない人は、一般論として、

かなりまずいと思ってもなかなか診てもらえないし、その間に日常生活もままならない状態になる可能性がある

という認識をもって如何に予防するのかということを考えることが重要になってきます。

日常生活もままならないというのは、

家事も全くできないし、

お風呂に入る気力すらわかない、

外出する元気もない、

という状態になる可能性があるということです。

自分が生活するために必要な時間を消費する必要がある人にとってはかなりの大打撃と言えるでしょう。

一人暮らしの人の場合は、かなりきついでしょう。

したがって、生活のために必要な時間というのを予め最小限にしておくとよいでしょう。

そして、それ以上に大切になるのは、

まずい状態になる前にしっかりと休息をとる

ということになります。

「なんか、最近まずい気がする」

と感じた時点で体が警告音を発していると考えるべきなので、

休息の時間をとにかく最優先に取ることが重要になってきます。

しかし、真面目な人はなかなかこれを実行できなかったりします。

「下手に休んだらプロジェクトが……」

とか

「あんまり休みすぎるとクビになる可能性が……」

などといった懸念が頭をチラついてしまうのですね。

特に勤め人の場合には、

「クビになったらまずい」

「収入源がないから生活できない」

といったことを気にしがちです。

このような時のために、

貯蓄

というのは重要になってきます。

生活防衛資金をある程度確保している人は、

急にクビになったとしてもしばらくの間休息をしながら体勢を立て直すことが可能です。

生活防衛資金は資産形成にあたって投資よりもまっさきに取り組むべきものです。

その効果は、

「クビになって生きていけなくなるというリスクを軽減する」

というものであって、

ストレスフルな仕事をしすぎてうつっぽくなってきた人が、休息の時間を何とか確保するためにもかなり重要になってきます。

かなりうつが進行してしまった場合は、元の状態になるまでにかなりの時間をかける必要がある場合もあるようですが、

できる限り、事前に休息をしっかりとって本格的な治療が必要になる前に対処したいところです。

うつっぽくなると、

「薬に頼らないと治らないのかな」

などとも考えがちですが、

それ以前の段階で、

①普段からしっかりと貯蓄しておく

②休息をしっかりととって貯蓄が手元からなくなるまでは粘れるようにする

ということができるようになると大分負担が軽くなります。

診療に行くまでもなくなるでしょう。

このように、

何はともあれ貯蓄は大事

と言えるでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
健康未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み

コメント