【第802号】5年間以上、13000以上の日記数を書いてきて思うこと

未分類
この記事は約6分で読めます。

以前、2021年の記事で、私の手持ちの非公開の日記を10000以上書いた時の感想を書いています。

本日時点では、それから1年間以上日記を書く習慣を継続し続け、5年間となりました。

今まで書いた日記の数は13000以上になります。

そして、日記を継続する意味としては、以前から主に以下の効果があると私は考えています。

①記述の過程において自問自答を繰り返すことによって自分自身の価値観の内省を行う事ができる

②行動記録を積み上げてパーソナルデータという資産を形成する

③目標達成に対する意欲を高め、達成度を測るセルフモニタリングがやりやすくなる

④ただの体験を記述の過程において経験化しやすくなり、抽象化能力と具体化能力が高まる

⑤記述の過程においてリフレーミングのトレーニングが可能になり、精神安定化装置としての役割を果たせる

それ以上に、日記を継続していくことで「自分史」を編纂できる、という大きな意味があると考えています。

そして、それに伴って、日記の記述から、あなたの「才能」が見いだせる場合もあります。

【第795号】才能とは凡事徹底から創られるもの~Do all common tasks properly~
凡事徹底という言葉があります。「ぼんじてってい」と読むらしく、意味は何でも...
【第791号】私たちは小さな小さな「自由の欠片」「才能の欠片」を拾い続ける
「今日、ほんのちょっと頑張るだけ」この行為の効用、普段は私たちはなかなか意識することができ...

日記を継続することは、あなたが自分自身の「才能」を見出すための旅のようなものでもあります。

そして、日記を継続的に書くコツとしては、

①その日のうちに書く必要はなく、後から遡って追記するのもOKとする

②しょぼい内容だと思っても書く

③分量が少なくても気にしない

あたりが重要かなと感じています。

①②③はそれぞれ日記を書くことのハードルを下げることを意図したものです。

日記は一般的に良習慣だと言われるものですが、

「何かまともなことを書かないといけない」

だとか

「せっかく書くのだからカッコいいことを書かなくては……!」

とか

「日付が変わるまでに何とか書き上げたい」

などと気負いがちです。

しかし、このようなことを念頭に置いてしまうと、

「まずい、全然書けることがない……今日は日記を書くことができそうにない……」

と感じてしまい、挫折することにつながりかねません。

他人に公開するタイプの日記を書いている人の場合は、他者の目がどうしても気になってしまうと思いますが、

完全な非公開の日記を書く場合にはそのようなことを気にしなくても済みます。

ですから、初めから完璧を目指すのではなく、

①その日のうちに書く必要はなく、後から遡って追記するのもOKとする

②しょぼい内容だと思っても書く

③分量が少なくても気にしない

といった感じで、スモールステップを踏みましょう。

とにかく継続することが大切になります。

たとえ、その日においては、

「こんなの、大した内容じゃない」

と感じることであっても、あとから見返してみると、

「当時はこんな感じだったのか」

と思わぬ発見につながることもあるのです。

たかが日記、

されど日記です。

書き始めたばかりの頃は、

「これを続けていて一体何になるんだろうか?どうにもならないのではないか?」

などと思いがちですが、

継続していくと、段々と新しい世界が開けてくるようになるでしょう。

5年間以上書いてきた実感としても、

やはり日記は書いた方がいい

と改めて感じますし、おススメできます。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都心在住、マッチングアプリ上位1%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。20代で準富裕層へ。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万6500円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2023年4月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類習慣
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み