【第812号】誰も気づけなかった視点をもたらすことができる人の時間単価は極めて高い

リフレーミング
この記事は約3分で読めます。

私が常々感じていることは、

誰も気づけなかったことに気付くだけでものすごく価値がある

ということです。

それはもしかしたら、

初めて錯視やバイアスを見破った人

と同じくらいのインパクトがあるでしょう。

気づくか?

それとも、

気づけないか?

一見すると、ただそれだけのことですが、これができるのとできないのとでは結果に雲泥の差が生じます。

特に、勤め先においては、

上司たちが全く気付かなかったことにも気づいて指摘できる人

は非常に貴重です。

そして、それが仕事の結果を左右するレベルの重大な視点であった場合はなおさらです。

その人がいなければその勤め先が危機に陥る可能性すらあるわけですから、その価値は非常に高いと言えるでしょう。

気づけるか?

それとも

気づけないか?

というのは、些細なことですが、重大なインパクトをもたらします。

気づいた人がそれを指摘するのはそれ自体は数秒で終わりますが、

それは時には、一日16時間労働した人よりも高い価値を発揮するものです。

これは、すなわち、

気づける人の時間単価は単純な労働をしている人よりも極めて高い

とも言えるでしょう。

短時間であっても高い仕事の価値をもたらしている人というのはそういう人です。

世の中には1時間あたり1000円で働いている人もいれば、1時間あたり数十万円で働いている人もいます。

この違いはひとえに時間単価の違いです。

単純労働の場合はなかなか時間単価は上がりませんが、気づける人のように短時間で多大な価値を提供できる人の時間単価は極めて高いのです。

しかし、当然ですが、誰もが気づける人になれるかと言えばことは簡単ではないでしょう。

【第558号】他の人と同じ物を見ていても違うものが見えれば勝ちだがあなたが「気づける人」であるとは限らない
錯視をご存知でしょうか。例えば、以下の画像をご存知でしょうか?そして、「この図の中に丸はいくつありますか?」という設問が出た場合、回答が出せるでしょうか?人によっては...

彼らのようになるためには、

①勉強を続ける

とか

②気づける人から情報を提供してもらう

といったことを行う必要があります。

特に、①に関しては単純に勉強するだけではなく、周りの人がやらないことも勉強する必要があるため、

気づける人になれるのは希少です。

私の実感として、気づける人になることができると仕事で大きな価値を提供することが可能です。

「そんな方法があったのか」

とか

「それは思いつかなかった」

とか

「そう来たか」

といった感想を私が頂戴することが多いのも、私が気づける人だからというのもあるでしょう。

それゆえに、私の仕事の時間単価はここ数年で上がり続けています。

そして、このまま上がり続ける可能性も極めて高いものと考えています。

誰も気づけなかった視点をもたらすことができる人の時間単価はそれほど高いのです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み