【第834号】良縁をつかむためには、縁をつかみやすくするための努力が必要

コミュニケーション
この記事は約4分で読めます。

「いい人がいたら雇いたいから紹介してほしい」

そういった話を先日とある企業の方から頂きました。

この手の話は規制などもあるため、私の方で規制に引っかからない限度で一応のご協力が可能である旨を伝えて、その方のために少しご協力させていただきました。

結果から申し上げると、無償対応の範囲では成約をしなかったため、そこでご協力は打ち切りとさせていただきました。

この件を対応していて気づきましたが、この企業の方は、

「人を雇いたいと話しているのに、求職者目線の情報を全く出そうとしない方」

だという印象があったので、それゆえに、無償対応の範囲では成約できなかったと言え、

さもありなん

であると感じました。

一応、無償対応なので、最低限のご協力とさせていただきましたし、上記の指摘をやんわりと(かなり婉曲的な表現で)ご本人にはお伝えするにとどめました。

仮に、有償でしたら、対応は大幅におそらく変えたことでしょう。

しかし、それをしなかったのは、他の有償で仕事をさせていただいているお客さんに対して申し訳がないためです。

おそらくですが、この方が、

「人を雇いたいと話しているのに、求職者目線の情報を全く出そうとしない方」

でなければ、無償対応の中でも、成約の可能性は大幅に高かったでしょう。

しかし、

ちょっとした配慮

ちょっとした努力

を怠ったがために、チャンスを逃した例であるとも言えそうです。

この手の話においては、

「今回は縁がなかった」

と言われればそれで話は終わってしまいます。

確かに、

不釣り合いな関係は成約しなかったり長続きしない物ではありますので、

「縁がなかった」

と言えば済む話も世の中にはたくさんあります。

しかし、今回の話に限れば、

「求職者目線の情報」

さえ事前に出すことができれば、成約の可能性は大いにあったと考えています。

「いい人がいたら雇いたいから紹介してほしい」

という形で、

良縁を求めているのにもかかわらず、

求めている相手が知りたがっている情報を出し惜しみするというちょっとした怠惰によって、何も進展しない

といった状況に陥っています。

このような話は、採用の場合以外でもたくさんある話だと感じました。

良縁をつかむためには、縁をつかみやすくするための努力が必要です。

もしも、求職者側が

「いい勤め先に働きたい!」

と良縁を求めているのであれば、

「ならば、あなたは何ができるんですか?どんなスキルを持っているのですか?」

と企業側は考えることでしょう。

それに対して、

「それは面接の場で語ります」

とか

「それは御社で働けばわかることです」

などと情報を出し惜しみするような反応を求職者側がするのであれば、

「そういう人にわざわざ会う時間を確保したくない」

と考えるのは当たり前のことだと思われます。

もしも、マッチングするような関係であったとしても、このようなちょっとしたことでチャンスを逃すことは大いにあり得るのです。

良縁をつかむためには、縁をつかみやすくするための努力が必要です。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
コミュニケーション仕事・勤め先未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み