【第837号】圧倒的な敷居(ハードル)の高さという一つの成功の形

リフレーミング
この記事は約3分で読めます。

「敷居が高い」という言葉があります。

この言葉は、本来は、

「相手に不義理をしたり、また、面目のないことがあったりするために、その人の家に行きにくくなる。また、その人に会いにくくなる状態をいう語。」

らしいですが、

最近は若い人を中心に、

「高級過ぎたり、上品過ぎたりして、入りにくい」

という意味で、

「×高級すぎて僕らには敷居の高い店」

「×初心者には敷居の高いゴルフコース」

と誤用されている例が目立つとされています。

本来の意味で「敷居が高い」という表現を使用している人が減ってきているようですね。

言葉というのはどんどん意味が変遷していくものらしいですから、今誤用とされている用法がそのうちメジャーになってしまう可能性があります。

私自身、ついつい、

「高級過ぎたり、上品過ぎたりして、入りにくい」

という意味で、

「敷居が高い」

という言葉を使用したくなってしまいますが、

この場合は、

「ハードルが高い」

などといった表現の方が適切のようです。

ところで、

「あの人は、成功者である」

といった表現を見かけたときに、

「どういう意味で成功した人なのだろうか?」

というのが個人的にものすごく気になることがあります。

私自身が小学生の頃は、テレビなども見ていたので、

「テレビに出ているなどして有名な人=成功した人」

という感覚が強かったです。

多くの人に知られていて、さらに、親近感もある人は素晴らしいと考えていたころもありました。

これは、商品などにも同じような感覚があって、例えば、スマホなどはかなり普及してきましたし、ほとんど生活必需品と化してきています。

スマホの普及については、そういう意味で、成功したと言えるのかもしれません。

しかし、個人として成功したいと考えた場合、

多くの人に知られていて、さらに、親近感もある人

になるメリットは意外と多くはないのではないか、と感じることもあります。

有名税という言葉が最近はありますが、

有名であればあるほど、人が運んでくるピンチも増えるため、リスクも増えるものです。

敢えて無名であることに徹して、自由を謳歌するというのも一つの成功の形かもしれません。

そのような人の場合、

人間関係としても、取引相手としても、

「高級過ぎたり、上品過ぎたりして、入りにくい」

といった存在になるかもしれません。

そして、

「あの人は敷居(ハードル)が高い」

などと言われる可能性もあるかもしれません。

しかし、

「あの人は敷居(ハードル)が高い」

と言われることはそこまで悪いことではないのかもしれません。

人間関係も、取引相手も、量よりも質が大事になってくる場面もあるでしょうから、むしろ、

「あの人は敷居(ハードル)が高い」

と言われるような状態を目指すのがもっとも幸福度が高い、という可能性も高いかもしれません。

成功者というと、ついつい、

「有名になる」

というイメージが強くなってしまうものですが、

圧倒的な敷居(ハードル)の高さという一つの成功の形

を目指してみるのもよいかもしれません。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み