【第838号】「やりたいこと」ではなく「やり続けられそうなこと」を考える

未分類
この記事は約2分で読めます。

新年といえば目標設定の季節と言えますね。

多くの人は、新年という区切りの良い時期に、

「今年こそは!」

と新しい目標を立てるようです。

そして、

その目標がしっかりと遂行される可能性は高くはないそうです。

なぜそうなるのか?と考えると、

ふわっと

「やりたいこと」

を思い浮かべて、

「〇〇をやろう!」

と思い立つのですが、

それを継続して行うところまで想像が及んでいない、というのがあるのかもしれません。

例えば、

「今年こそダイエット」

と考えた場合に、

ダイエットをその年から始めた上で、何年にもわたって続けることを想像する人は多くはないでしょう。

「ダイエットをやりたい!」

という形で、

「やりたいこと」

を想起することは頻繁にあっても、

「それを続けることはできるのか?」

「それを続けようという気持ちは本当にあるのか?」

と真面目に考えることは多くはないということでしょう。

そのように考えていくと、

敢えて、

「やりたいこと」ではなく「やり続けられそうなこと」を考える

方がいいのかもしれません。

「やり続けられそうなこと」

という表現を用いると、

自ら何らかの行動を起こさなくてはいけない

といったことを想起しがちですが、

実際には、

何らかの行動を起こさない

というのも、不作為の立派な行動でもあります。

例えば、

「コンビニではペットボトルを購入しない」

などといった一見しょぼい内容でもいいので、

「○○をやらない」

という形で、「やり続けられそうなこと」がないか探してみるのもいいかもしれませんね。

「やりたいこと」

を目標にしようとすると、

新年から10日も経てば、その情熱はすっかり消えてしまいがちですが、

「やり続けられそうなこと」

を軸に目標について考えてみると、少しは継続可能性の高いものが思い浮かぶかもしれません。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み