【第887号】スマホで遊んでいるように見える人たちが実は仕事をしている理由

未分類
この記事は約3分で読めます。

私たちは今、常にスマホやタブレットを手にしています。

一般的にはスマホをいじっているとサボっていたり単に遊んでいる人のようにしか見えないことがあります。

しかし、スマホをいじって遊んでいるようにしか見えない人たちの中には、実はしっかりと仕事をこなしている生産性の高い人たちがいるのです。

例えば、あるプロジェクトでチームリーダーを務めるAさん。

彼女はいつもスマホをいじっているだけのように見えますが、実はチームメンバーとコミュニケーションをとりながら、スケジュール調整や進捗管理を行っています。

彼女はスマホのアプリを駆使して、自分のタスクやチーム全体の進捗状況を確認しながら、適宜調整を行っています。

また、ある会社の社長であるBさんもスマホを手放しません。

しかし、彼もスマホをいじって遊んでいるわけではありません。

Bさんは、SNSを通じて顧客とのコミュニケーションを密にとり、リアルタイムで市場動向を把握し、自社のビジネス戦略に反映しています。

さらに、あるフリーランスのライターであるCさんは、外出中やカフェでの仕事中でも、スマホで記事の構成や内容をまとめたり、下書きを書いたりしています。

彼女はスマホのアプリを駆使して、いつでもどこでも仕事を進めることができます。

このように、スマホをいじっているだけでもやるべき仕事を完了させることができる人たちは、実はスマホのアプリやネットワークを駆使して、仕事を効率的に進めているのです。

彼らの仕事観は、時代に合わせて変化しており、最先端のツールを適切に使いこなしていると言えます。

現代社会では、スマホやパソコンなどのデバイスを駆使して、いかに効率的に仕事を進めるかが重要な時代になっています。

たとえば、外出先でスマホでメールを確認し、返信するだけで仕事が完了する場合があります。

また、クラウド上にデータをアップロードしたりすることで、効率的に業務を進めることができます。

しかし、これらの仕事は見た目にはあまりにもシンプルすぎて、周りからは「何をしているのかわからない」「遊んでいるだけ」と思われがちです。それでも、実際には非常に重要な業務をこなしているのです。

私も、スマホでメールを確認したり、タスク管理アプリを使ってスケジュールを管理したりすることが多いです。

これらの作業は私の仕事には欠かせないものです。

つまり、スマホを単にいじって遊んでいるように見えても、実際にはしっかりと仕事を進めている人がいるということです。

最先端の仕事観を持つ人たちは、デバイスをうまく活用して、いかに効率的に仕事をこなすかを考えているのです。

従来の仕事観は「身だしなみを整えてきっちりとスーツを着ている」とか「しっかりとパソコンに向かってカタカタしている姿」が定番であり、そのような、雰囲気を持って「仕事をしている感」をアピールすることに余念がない人たちがいました。

しかし、これからは「それは違う」という価値観が徐々に浸透していくことになり、より仕事の成果に着目されることになるでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました