【第904号】新しい才能開花のための試練

時間管理
Processed with VSCO with c7 preset
この記事は約6分で読めます。

才能開花と試練

「自分にももっと新しい才能とかがあったらいいのに…」

そのようなことを思うことがある人はいるでしょう。

今、自分自身が持っている才能だけでは足りないと感じ、自分の新しい才能を発掘させるというのも良い方法だと考えられます。

もっとも、新しい才能を開花させるためには、多くの人が直面する試練があります。例えば、新しいスキルや知識を習得するためには、時間と努力が必要です。また、自分自身の限界に挑戦することも試練の一つです。さらに、周りの環境における障害も才能開花の試練となることがあります。これらの試練を克服することができれば、素晴らしい才能を発揮することができるでしょう。

新しい才能やスキルを身に付ける際に、起こりがちな試練や問題にはいくつか考えられます。

  1. 失敗やミスを犯すこと 新しいことに挑戦する際には、最初は失敗やミスがつきものです。思いの外「できない」と感じてしまいやすく、多くの人はショックを受けてしまうことでしょう。しかし、それを乗り越えてこそ成長や学びがあるものです。
  2. 表現や表現力の不足 新しい分野で活躍するためには、その分野で必要な言葉や知識を身につける必要があります。それには、自分自身で学習し、他の人とコミュニケーションをとって、表現力をアップさせる必要があります。
  3. 自己管理や時間管理の困難 新しいことに挑戦するためには、自己管理や時間管理が必要です。しかし、これが苦手な場合には、時間やタスクを管理するスキルを身につける必要があります。
  4. 自信の不足 新しいことを学んでいく過程で、自信が持てずに挫折してしまうことがあります。しかし、自信を喪失せず、目標を見据えて取り組み、積極的に成長していくことが重要です。

具体的にそれぞれ起こりがちなエピソードとしては、以下のようなものが例えば考えられます。

  1. 失敗やミスを犯すこと 例えば、デザイナーになりたいと思って、初めてロゴデザインを作成しようとして失敗してしまったり、作成したロゴデザインをクライアントに提案したら採用されずに先に進めないといったことが起こり得ます。
  2. 表現や表現力の不足 例えば、イラストレーターになりたいと思って、自分が描いたイラストの魅力を伝えるための言葉が見つからず、クライアントとの打ち合わせで説明不足になってしまうといったことが起こり得ます。
  3. 自己管理や時間管理の困難 例えば、プログラマーになりたいと思って、コーディングに没頭して時間を忘れ、デッドラインまでに仕上げることができずにクライアントからクレームを受けるといったことが起こり得ます。
  4. 自信の不足 例えば、ライターになりたいと思って企業の記事やコピーを制作し、自信を持って提出したところ、クライアントから修正指示があり、自分の表現力に自信を失ってしまうといったことが起こり得ます。

これらのエピソードから分かるように、新しい才能を身につける過程での課題は、どれも挑戦者にとって大きな試練となり得ます。しかし、それらを乗り越えることで、より新しい分野で活躍することが可能となることでしょう。

試練を克服する方法

新しい才能を開花させるために必要な試練は、人によって異なりますが、どの試練も克服するためには共通する方法があります。まず、自分自身の強みと弱みを知り、自分がどのようなことに向いているのかを理解することが重要です。次に、目標を設定し、それを達成するために必要なスキルや知識を習得する必要があります。そして、努力と忍耐力を持ち、失敗しても諦めずに挑戦し続けることが大切です。

試練を克服できる人物像

その試練を乗り越えた人は、多くは情熱的で自己学習に積極的な人でしょう。彼らは、新しいスキルや才能を身につける過程での失敗や困難に対して、否定的な感情に支配されずに前向きに取り組める強い精神力を持ちます。また、彼らは何度でも挑戦し、自己改善し続けることができます。

とにかく、悲観的になりすぎず、ポジティブに前へと進んでいくパワーが彼らにはあります。

それぞれの場合によって異なりますが、新しい才能やスキルを身につけるには多くの時間を必要とする場合があります。一般的には数週間から数ヶ月、場合によっては数年かかることもあります。学習するスキルや才能の難易度や個人の能力、今までの経験や基礎的な知識など、多くの要素が影響します。リスク管理を怠らないことも重要です。しかし、ポジティブさを失わずに情熱的で努力を怠らない人は、時間をかけても目標を達成し、新しい分野で活躍していくことができることでしょう。

試練を克服し新しい才能を開花させたときのメリット

新しい才能を開花させた人は、以下のようなメリットを得ることができます。

  1. 新たなキャリア構築の可能性 新しい才能を開花させることで、自分の持つスキルセットが拡大され、新たなキャリア構築の可能性が広がります。これにより、今までの経験やスキルだけではない、別の面から自己実現や社会貢献ができるようになります。
  2. 自己成長と自己実現の実現 新しい才能を開花させることで、自己成長や自己実現の実現が可能になります。挑戦することによって、自分自身の能力やスキルに自信がつくとともに、自分が望んでいる未来を見据えることもできます。
  3. 知識や人脈が増える 新しい才能を開花させることによって、新しい分野についての知識が増え、またその分野についての人脈も広がります。これによって、様々な業界や分野に役立てることができます。
  4. パーソナルブランドの強化 新しい才能を開花させることによって、自分のパーソナルブランドを強化することができます。自分が持っているスキルセット、過去の実績とともに、新たに身に付けたスキルや知識もブランドイメージを広げ、自分自身を市場で良く知られた人物にすることができます。

これらのメリットから分かるように、新しい才能を身につけることは自己実現や大切なステップとなります。

しかし、新しい才能を開花させる際には試練がつきものです。それを乗り越えられるように頑張ることやそもそもの話頑張ることが可能な体制、システムを創ることが重要になるでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2023年4月1日から5500円(税込)値上げする予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
時間管理未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました