いつか叶えたい理想の毎月の生活費

不動産
Processed with VSCO with c7 preset

お金はあればあるだけ選択肢が増えるので、お金はあった方が良いと思っています。

もっとも、自分が生きていけるだけの最低限の支出、すなわち消費についてはできるだけ下げたいと私は考えています。

なぜならば、消費の額、すなわち生存のための固定費を減らすことができれば、「万が一何かがあってもこのぐらいの支出で毎月足りるんだ」という感覚を維持できるため、その安心感によって幸福度が上がると考えられるからです。

しかも、経済的自由の達成も早めることができます。

実際に、仕事を、勤め先を辞めるということをしなくても、これ以上闇雲に働かなくても生きていけるという安心感を得ることができるためには、やはり生存のための固定費を如何に下げるか、下げても幸福感を毀損しない方法がないか、真剣に考え、検討する必要があると考えています。

そこで、私が現在考えている自己投資を除いた理想の毎月の生活費はおおよそ以下の通りです。

家賃:2万円

光熱費、水道料金、通信費:5000円

日用品:1万円

食費:3万円

医療費:5000円

合計:7万円

もしかしたら、これを見て、非現実的すぎると思った人もいるでしょう。

しかし、家賃以外は実は実際の私の毎月の支出より多めに設定してます。

家賃以外のここのポイントは自己投資の分を除いているという点ですね。私はやたらと本を購入する癖、習慣があるので、実際は書籍代だけで月3万円ほど使うときもあるのです。

私は金銭的な資産形成のみならず、自己投資にも力を入れているので、他の自己投資も含めたら実際の毎月の支出はもう少し多くなります。

さて、「家賃以外は実は実際の私の毎月の支出よりも多めに設定してます」と書いたとおり、私の理想の毎月の生活費を実現するためにもっとも障害になっている、すなわち問題意識を持っているのは家賃です。

現在、私は都心3区駅近に一人暮らしで住んでいることから実際の家賃は8万円ほどしています。普段は意識しないのですが改めて家計簿を見ると正直高いと感じます。

(しかし、例えば、不動産業者さんにこの感想を伝えると、「むしろ立地を考えると相場よりもかなり安いですよ」とコメントされる事が多いです)

理想を目指すためには、この家賃をあと6万円ほど減額する方法を何でも良いので考えなくてはいけません。

すぐに思いつく一番簡単な方法はもっと郊外に引っ越して家賃を下げてしまう方法でしょう。そもそも何故家賃が高いところに住んでいるんだ、という話です。

しかし、いきなり環境を思い切って変えるというのはチキンである私がすぐにできるとは思えないので、現実的には少しずつ様子を見ながら、バランスを考えて立地については考慮することになると考えられます。

引っ越しというのは一大決心でもあるので、やはり常に不安と隣り合わせなのです。

したがって、何回か引っ越しを進めることで、少しずつ理想の家賃に向かって近づいていくという方向感を取ることになりそうです。

取りあえず、次の引っ越し先については常に探しており、取りあえず、今年は6万円台の家賃で今と状況を大きく変わらないところはないかどうかという視点で賃貸物件を探しています。

いきなりお金持ちにはなれないという言葉の通り、資産形成に限らず、すぐに成果を出そうと思ってもなかなか上手くいかないことが多く、この現実と向き合う姿勢が人生においては必要になると思います。

理想を心に抱いたらすぐに状況を変えることはできなくても少しずつでも前進していくことが重要であると思いますし、それが堅実な方法です。

すぐに成果がでなくても、理想がすぐに叶わなくても、「すぐに願いが叶わないのは当たり前」という意識を持って諦めずに「何か方法はないだろうか」と考えて少しずつ目標に向かって歩みや努力を止めないようにすることが大事だと思うのです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
不動産経済的自由(セミリタイア、FIRE)
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました