お金を使っていて楽しいと感じるとき

自己実現、幸せ

資産形成を意識しているとどうしても、支出を意識して「これは本当に買う必要があるのだろうか?」「実は不要なものを買っているのではないか」と考えることになりますが、

しかし、何でもかんでも支出を制限してしまうのも違うと感じており、「投資」であると感じる物にはお金を使用することを意識しています。

そんななかで、私がお金を使っていて楽しいな、と感じるときがあります。

それは本を買うために躊躇無くお金を支出するときです。

この時、買う本というのは、どちらかというと比較的高い、5000円から1万円レベルぐらいであるとかなり幸福度が高いと感じます。

大抵このようなレベルの本になると、厚さが5cmを超えることもあるわけですが、このクラスの本というのは大抵の場合専門書であることが多いです。実質的な辞書みたいな本もあります。

本というと、1000円レベルの新書や簡単な本から、このレベルの本まで色んな種類があります。

そして、おそらくですが、大抵の人は厚さが5cmくらいもする本をみるとわざわざ買おうとせずに一旦見送るのではないでしょうか。

というのも、このような本は大抵の場合値段も高い上に情報の専門性も高く、読破するまでにはかなりの時間を要することを予感させるためです。

要するに、投下資本が比較的高い本であり、適当な気持ちで買ってしまうと、読み切れずに後悔する可能性もあるタイプの本です。

高額なお金とともにたくさん時間も投下しなくてはならない(大抵難しい本なのでエネルギーもかなり使う)という意味でリスクが高いタイプの投資ですね。

しかしながら、そのような本であるからこそ、挑戦しがいがありますし、大抵気合いの入った内容になっていることから、得られるものも多いということもあるものです。

このようなタイプの本だから、大抵の人が手すら出せない本だからこそ、そこに躊躇無く投資をするという形で破壊的な自己投資を行うことができた時に最大レベルに幸福度を感じることがあります。

他の贅沢品に比べてこのような本である場合は比較的安いということも考えるとそういう意味でも非常にコスパがいいです。

外食などの大衆娯楽のためにお金を使っていても、「これやっててもしょうがないな」と私は思いがちなところがあるのですが、このような質の高い、敷居の高い本をゲットするときにはものすごく幸福を感じるということを最近は強く感じます。

もっというと、このように、自分の知識や能力を高めるために、自己投資のために高いお金を躊躇無く出すことができるという状況の時に幸福感を感じることがあるようです。

節約ばかりを意識しているとどうしても本の値段が気になってしまって安く本を手に入れる方法を考えざるを得ないところがあるわけですが、ある程度資産形成が進んだら、時間をお金で買うという意識で書店で出会った質の高い本をその場で買ったり、通販で注文したりするようにするのもいいのではないでしょうか。

このように、金融商品への投資とともに破壊的な自己投資をすることができるようになると、自分の人生を大きく加速させることができるのではないか、と考えています。

同時に、自分の幸福度が高まるのであればこのようなお金の使い方も非常に良いのではないか、と改めて考えています。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
自己実現、幸せ
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました