スマホ無し+早期帰宅=早寝早起き

未分類
この記事は約2分で読めます。

以前から就寝前と早朝においてはスマホを手に取らないようにしています。

おおよそ1ヶ月程度この生活を試してきました。

やってきて改めて思ったのは、やはり、夜寝るのが格段に早くなる傾向になるということです。

そして、早寝しているので、

当然早く起きることが可能になります。

本日も、朝4時前には起きました。寝るのが早かったからですね。

早めに起きたので、普段はできない細々とした仕事を処理することができました。

起きた瞬間から手元にスマホがあればおそらくはスマホをいじっているのでしょうが、最近は敢えて手元には置いていなかったので、それ以外のやるべきことをやることができました。

具体的には、なかなか捨てられなかった物を更に処分しました。

このように、朝早く起きて手元にスマホがないというただそれだけで色んな事をすることができます。

そして、夜は手元にスマホがないだけで早めに寝ることが可能です。

このように考えていくと、やはり、

寝る前と起きた直後に手元にスマホが存在しないということが如何にインパクトがあるのか

ということが分かってきます。

現代社会においては手元にスマホが存在することが当たり前の扱いとされていますが、その当たり前を外してみると意外な発見がありますね。

いわゆる、禁欲グッズ(スマホ用)を使うのもアリかもしれませんが、

物理的にスマホが近くに存在しない状況を創ってしまうのもアリだと思います。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み