人間がやるべきではない仕事は早くなくなってほしい

時間管理

たまに、ものすごく手間がかかるがリターンが少ないのではないか、という事務をやることがあります。

簡単に言うと、現状のサービスや恩恵を維持するためだけに行わなくてはいけない事務でしょうか。

例えば、引っ越しのたびに各社に対して住所が変更された旨を届け出たりしないといけない場合がありますが、

変更したところで今まで受けていた恩恵を維持できるだけなんですよね。

逆に言えば、しっかりやらなければサービスの恩恵を一部受けられなくなってしまうというマイナスの影響があるからこそその事務を行わなくてはいけないわけですが、

そのようなネガティブな動機のためだけにどうして自分の貴重な時間を使わなくてはいけないのか、と感じてしまいます。

引っ越しに関しては、マイナンバーを更新したら後は自動的に各種の会社に住所を変更した旨伝えてほしいですね。

現状受けられているサービスを維持するための事務のために時間を使うというのは、現状維持のための仕事ですから、そこから何か自分が発展するために有意義な時間を使うことができないということを意味します。

そういう意味で現状の維持のためのあらゆる事務というのは、そもそも人間がやるべき仕事ではないのではないか、と感じることもあります。

これは一部の家事に関しても思うことがあります。

例えば、部屋の掃除などは現在の住環境を維持するために行うわけですが、

1番成果を出しても、現状が維持されるだけなのです。

もちろん掃除をしなければ、部屋はどんどん汚くなってしまいますから掃除はするべきなのですが、

他にいろんなことに才能があったり、その人自身や社会を発展させるために貢献できるような能力を持つ人が現状維持のための事務に時間を取られているというのは、やはり社会的損失につながるのではないか、と思うところです。

その人が真に得意な能力を伸ばし切ってもらい、それにより、社会が発展できるのであればそのほうがいいと思います。

そうなってくると、現状の維持のための事務はできることならば、人間がやるべき状況から早く脱することが望ましいと考えます。

そのため、そのような仕事は、どんどんAI などに任せられるような高度に発展した社会が早くきて欲しいと願うばかりです。

逆に、そのような人間がやるべきではない仕事を肩代わりしたり、AIなどを開発したりという仕事は非常に社会的にも意義があると思いますし、応援したい、と感じます。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
時間管理
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました