体調崩しやすい季節の変わり目に通勤をしなければいけないのは辛すぎる

仕事・勤め先
この記事は約2分で読めます。

ここ最近急激に気温が下がって寒くなってきました。

そのため朝起きた瞬間にあまりにも寒くてびっくりする日も増えてきました。

その度に思うのですが、季節の変わり目はどうしても気温の上下により体調崩しやすいのでその時に通勤をしなければいけないのは厳しすぎます。

と言うのも、通勤をしなければいけないと言う事は、すなわち、外出をするためのあらゆる準備をしなくてはいけないと言うことで、これが大きな負担になっています。

例えば通勤をするために服を着替えなくてはならないのですが、朝の寒い時にこれを行うのはすごく憂鬱です。

単純に外出をしなければならないと言う状況から、体調崩すということになりかねません。

仮に、体調崩してしまった場合元も子もないですし、できれば季節の変わり目は通勤をしなくても済むような仕事をしたほうがいいと思います。

そのように考えると、気温が下がる時に限らず、気温が上がる時、例えば夏になるような時も私は体調崩しやすいということを思い出し、改めて通勤が必要な仕事ではなく、フルでリモートワークができるような勤め先を選ばなくてはいけないのだと感じます。

仮に、リモートワークがフルでできなくても、できる限り、家の中で、仕事を進めることができるように、職場環境といいますか、私の仕事の環境を整えられるように最大限努力を重ねなければならないと感じます。

特に冬は、どうしても布団から出たくなくなるような日が出てくるので、できることならば、布団の中から出ることなく仕事を完結させることができれば理想だなと言うことを強く感じます。

なんだか単純に、堕落している人の言い訳のようになってしまいました。

しかし、継続的な仕事をすることが可能になるように努力をしていったほうがいいのかなと思いますので、

通勤に限らず、できることならば自分の体に負担をかけずにしっかりと仕事もできるようにするためにはどうすれば良いのか、という問いをし続けていきたいです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
仕事・勤め先健康
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み