円柱型の詰め替え商品の登場により、詰め替えボトルはもう要らない? 『詰め替えそのまま』という商品すらもしかして要らない?

時間管理

ふと、薬局で新しいシャンプーを探していたら、今まで見たことのないシャンプーの詰め替え商品が売られていました。

すなわち、ボトルに流し込むための口の部分にしっかりとキャップがついています。

私の知っている詰め替え用は口の部分を切ってそこから流し込むタイプのものでした。

そのタイプのものは一度口の部分を切ってしまうとボトルに入れるしかやりようがなかった点です。

しかも、この口の部分を切るのが結構面倒なんですよね。

一応、素手でも切りやすいように切り込みは入れられているものの、お風呂にいる最中というのは手が濡れているのでうまく切れないことが多かったのです。

したがってあらかじめ詰め替えボトルの中身が少なくなってきたと思われるタイミングで、「お風呂に入る前に」詰め替えの口の部分を水で濡れていない素手で切るという見えない家事の癖に地味ながら高度な段取り能力が要求されていました。

つまり、お風呂に入った後に

「あ、そうだ、シャンプーの詰め替えをしないといけないんだった」

などと気づいても時すでに遅しという状況に陥った人も多いのではないでしょうか?

このような高度な段取り能力が要求されるのに辟易として、ボトルに詰め替えの中身を流し込む作業をしたくないと思っていた人も多かったでしょう。

一人暮らしならばまだしも家族の場合は、他の人に詰め替えの作業を押し付けたいがために「見て見ぬふり」をさりげなくしていた人もいるのでは???

そのような人のために『詰め替えそのまま』というグッズまで存在していました。

これは、吊し上げるタイプの商品で、詰め替えの口の部分を切ってそこから直接液体を取り出して、容器をそのまま使用できるため、

詰め替えの商品であっても、そもそも詰め替えの作業を無くしてしまおうという作戦の時短アイテムでした。

私も、このコンセプトにいたく感動して、購入して試してみたのですが、逆さまに吊るすという行為を行うが故に、少しずつシャンプーなどの液体が勝手に漏れてきてしまうという致命的な弱点がありました。

したがって、評価としては発想は評価できるが実用性が△というものでした。

しかし、今回買ってきたこのメリットの詰め替えの商品を見てみるとそもそも切り口がありません。

その代わりにキャップがついているのです。

その商品を見た瞬間に、

「これ、詰め替えボトルも、『詰め替えそのまま』も要らないのでは?」

と思いました。

というのもそもそも円柱型であって、しかも、底の部分も結構しっかりしているようなのでそのまま液体を出した後に立てておくことができるのではないかという可能性を感じました。

その上で、リンスのいらないシャンプーをメリットで購入すればかなりお風呂場がスッキリするのではないかと思われます。

早速、購入してみて、数回使用していますが今のところ、キャップを外して使用した後に、商品を立てておいても倒れたりしていません。

中身が少なくなったら利便性が落ちる可能性もありますが、それはボトルを使用している際もあんまり変わらないのではないか、という印象です。

ボトルを押してもうまく中身が出てこなくなるストレスと比べるとむしろこちらの方がまだマシですらある可能性が見えます。

そもそもシャンプーなどのボトルがあると引越しの際にも処理がしにくくて邪魔になりがちなんですよね。

私と同じように、袋の中にボトルを入れて置いてみたら、いつの間にか、中身が漏れ出ていたという悲惨な目にあったというトラウマ持ちの人も多いのではないでしょうか?

そのように考えると、このタイプの商品は地味ながらストレスを軽減してくれる可能性があります。

私はもうこのような商品でもいいのではないかと思い始めています。

まだ対応している商品は少ないようですが、ぜひ試してみて欲しいです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
時間管理未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました