急に気温が下がってきたので電気毛布を導入しました

健康

2021年10月18日にして、急に気温が下がり、肌寒くなりました。

今朝、起きた瞬間に

「あれ、なんだか寒いな」

と思ったので、これから本格的に冬の季節に突入していくのでしょう。

ほんの二ヶ月前には暑さ対策に気を遣っていたはずなのに、季節が巡るのは早い物ですね。

実は、個人的に毎年、いつ頃に急激に気温が下がっていくのか、という点についてはかなり注目しています。

今までの傾向から、10月に突入した瞬間に気温が下がっていく年が何度もあったため、私は10月に入った瞬間に冬支度、警戒モードに入ることが多いです。

具体的には、今年は電気毛布をいつでも使えるように押し入れから引っ張り出してきていました。

電気ひざ掛けワイド 日本製 送料無料 洗える ダニ退治 室温センサー 自動オフタイマー 頭寒足熱 敷毛布 あったか毛布 丸洗い 敷き プレゼント 省エネ 椙山紡織

価格:6,280円
(2021/10/18 20:39時点)
感想(90件)

具体的には↑の商品ですね。正式名称は「電気ひざ掛けワイド」です。

これの良いところは、カバーできる範囲が広いことですね。

商品イメージ画像にあるとおり、身体全体を覆うことも可能なアイテムです。

健康のことを考えると、18℃以下の場所にいると健康寿命が短くなるという話もありますし、

純粋に寒くて凍えるような思いをする状態になると、やる気やモチベーションが著しく下がることが今までの経験から分かっているため、今後の冬に向けてこの辺りの対策は気を遣いたいところです。

因みに、よくよく探してみると、昨年も同じようなことを語っていました↓

特に身体が弱くなると、思考もネガティブになりがちなので、健康第一で今後も過ごしていきたいと思います。

そのためにも、健康を保つためにお金の支出はいとわないという姿勢も大事になるでしょう。

この辺りの優先順位を誤らないように気をつけたいものです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています(※好評につき2022年4月には値上げする予定)。

mikimikiをフォローする
健康意思決定基準未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました