昇給したのに、手取りが増えない労働者

リフレーミング
この記事は約2分で読めます。

職場の先輩から、「2021年1月になったらちょっと給与が上がるよ」と聞いていたので実はちょっとウキウキしていました。

そして、給与明細を確認しました。

そしたら、

え??

となりました。

呆然。

手取金額を5回ぐらい見てしまいました。

「増えて・・・・・・ない・・・・・・だと・・・・・・」

思わず固まる私。

どういうことなの、

と思い、額面給与から改めて確認してみました。

確かに、増えていました、額面給与は

しかし、手取金額があまりにも増えていない、、、、

数秒後、事態を理解しました。

そう、源泉徴収で恐ろしい額が引かれていました。

そのため、昇給はしたものの、手取額がほとんど増えていなかったのです。

恐ろしい・・・・・・

改めて税金の恐ろしさを体感しました。

個人で、勤め人として律儀に給与をもらっているだけではたとえ昇給したとしても大して手取りを増やすことはできないのです。

なんて恐ろしい収奪の仕組みなのでしょうか。

勤め人として給与所得をもらっているだけでは、「頑張っているのにもかかわらず何故か手取りが増えない」という事態に陥ってしまうということがよくわかりました。

改めて、所得の分散、所得のコントロールが大事になることを痛感。

法人を設立することで今後は国家ぐるみの収奪システムである税金に抵抗しなければならないと改めて強く決意を固めました。

これからも改めてこの大変な社会の中で暮らす一人の若者として頑張っていきたいと思います!

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング仕事・勤め先法人・副業・ビジネス
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました