社内起業(企業内起業)が世間的に求められているのにほとんど流行っていない理由

仕事・勤め先
この記事は約3分で読めます。

起業というと、

一般的には、勤め先を退職し、独立するという形でなされることを指すようです。

一方で、勤め人の立場にして、社内において新規事業などを手がける人たちを社内起業家(イントレプレナー)と呼んでいるようです。

外に出てアントレプレナー(起業家)になると、お金を集めなければならない、人を連れてこなければならない、たださえ忙しいのに大変という話です。

その点、企業のリソースをふんだんに使える社内起業家というスタンスは、組織にとっても個人にとってもメリットが大きいため、今後は社内起業家が求められている、

というのが一般的な説明です。

しかし、おそらくは社内起業は流行っていないでしょう。

想像すると分かりますが、社内起業は企業内のリソースを活用できるというのがメリットではあるものの、

「個人的に好きでもなく、しかも、やる気が無い人もわざわざ根気強く説得しなければいけない」

という極めて面倒な事をする必要があります。

因みに、起業家の場合も資金調達などをするために他人を説得する必要があるものの、「比較的元々前向きな人」を説得する必要があるわけなので、やる気がそこまで無い人を説得の候補から最初から落としてしまうことが可能だと思います。

あるいは、自営業的なことをやる人だったら自分自身を説得し、やる気を出させるだけでOKなのでもっと簡単です。

「新しいことをするのは面倒。今までと同じことをして楽したい」と最初から思っている人をわざわざ説得するのは難易度が普通に高いので正直かなり萎えている人がいるのではないか、と想像します。

そこを根気強く説得するのが社内起業家だろう!頑張れよ!!

と考えることも勿論できるのですが、

しかし、そもそもその根気強さや情熱のようなものはどこから湧いてくるのでしょうか?

普通に考えればわかることなのですが、社内起業をする場合勤め人の立場でこれを行う事になるので、その事業が大成功しても、利益は勤め先に帰属するのでその立役者のボーナスは大して増えません。

さすがに社内で有名になったりだとかそういうことはあり得るかもしれませんが、おそらく大して手取り収入は増えないでしょう。

もしかしたら、そのようなわかりやすい成果を上げることができたことをもって最速出世ができる可能性があるかもしれませんが、

しかし、それは飽くまでも可能性に過ぎず、しかも、もともと出世に興味が無い人にとってははっきり言ってどうでも良いことです。

したがって、他の特別な理由が無い限り、そもそもやる気の無い人も説得するような根気強さや情熱の源泉が社内起業の場合そもそも存在しないという話です。

そして、社内起業で成功できるような実力がある人は社外で普通に起業しても成功できるでしょうから、成功に伴って生じる利益をすべて自分の物にすることができます。

このように考えていくと、やる気のある人にしてみると、

「じゃあ、普通に、 アントレプレナー(起業家) の方がいいじゃん」

という結論になるのが自然なのでしょうね。

というわけで、ほとんどの人は社内起業なんて面倒なことはせずに、普通に退職して起業するでしょう。

そのため、敢えて社内起業を推し進めるだけの気力、情熱が残っている人だけが社内起業を成功させることになるのでしょう。

そのための条件を考えてみると、やはり、その勤め先に対する個人的な強い好意があったり、周りの人がやる気のある人ばかりであったり、その勤め先のリソースがその起業の構想において必要不可欠であるだとかそのような特別な条件が必要になるでしょう。

ほとんどの企業にはそのようなものはない、という話になると、

じゃあ、やっぱり社内起業は流行りようがないよね。

ということになるでしょうね。

この辺りの細かい特別な条件を自分自身で見いだせたり、上手くバックアップできる体制が必要になるのかもしれませんね。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overの企業へ。
手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
金融商品への投資が趣味。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
仕事・勤め先未分類法人・副業・ビジネス
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み