私たちは、心の栄養補給、求めて

仕事・勤め先
Processed with VSCO with f3 preset

「これがあるとテンションが低いときでも落ち着ける」

とか

「落ち込んだときにはこれを食べるとちょっと気持ちが軽くなる」

とか

「何も面白いことがないときにはこれを買って楽しむ」

といったものを意識的にであれ、無意識であれ、予め決めている人は結構いるのではないか、と感じています。

例えば、その辺に外出している際にオシャレなカフェを見かけたら取りあえずそこに入ってゆっくりしていこうだとか、

労働に疲れてしまったときにはマッサージ機などの癒やしグッズを使おうだとか、

このような、私たちを癒やしてくれるようなものや

テンションを上げてくれるような

心の栄養

のようなものを私たちは摂取したがるのかもしれません。

特に、

インスタ映えするようなオシャレなカフェなどに行った写真などをアップロードして友達に

「イイネ!」

と押してもらえると最高に承認欲求を満たせるのでそれが楽しいという人もいるかもしれません。

Processed with VSCO with f3 preset

美味しそうなお菓子を買って食べることによって心の栄養補給をする人もいれば、

新しく出たゲームを購入してプレイしてみることで心の栄養補給をする人もいれば、

SNSに愉快な画像を投稿してみて「イイネ!」してもらえることで心の栄養補給をする人もいるかもしれません。

他にも単純に自分の好きな趣味をやって勝手に自己満足で楽しんで心の栄養補給をする人などもいるかもしれませんね。

このようにお金がかかる物からまったくお金がかからない物までありますが、

私たちにとって心の栄養補給は身体の栄養補給よりも時に重要なのでしょう。

時折私が自分の家計簿、マネーフォワードなどをじろじろと見ていると、

「これは心の栄養補給のために購入しただろう」

と感じる物が出てくることがあります。

そして、

「これを買って本当に良かったなあ」

と感じることもあれば、

「あれは、結局根本的なストレスの原因が無くなったら要らない物だったのだろう」

と感じることもあります。

つまりは、同じ心の栄養補給のためにお金を使用していると言っても、

日常生活において発生するストレスを解消するための心の栄養補給

をしているときもあれば

自分の人生を純粋に豊かにしてくれるような気持ちにさせてくれる心の栄養補給

をしている時もあるようなのです。

特に前者については、上手い具合にストレス原因を消してしまうことによって欲求自体が消えてしまうことから

ある日ふと購入した商品を見てみると

「あの時はこれが必要だと思っていたけれど、今は違うみたいだ」

と感じるようになるのです。

このように、心の栄養補給のために取り組んだことや購入した物の意味合いその物がいつの間にか変わってしまうことがあるのです。

特に勤め人にオススメされることが多い「癒やしグッズ」はこの手のものが結構あったりします。

どうせ、心の栄養補給をするのであれば、

自分の人生を純粋に豊かにしてくれるような気持ちにさせてくれる心の栄養補給

をしていきたいですね。

私たちは油断していると日常生活で無意識の習慣がついてしまっているのか、

「これを購入して心の栄養補給をしよう!」

と思いながらいつもと同じような行動を取りやすいですが、

「なぜ、あの時私はあのような行動をとったのだろう?」

「なぜ、あの時私はあのような物を購入したのだろう?」

と振り返ってみると、新しい発見があると思います。

そして、私たちの記憶力というのは正直あてにならないので、

振り返りのためには記憶では無く記録に頼ることがオススメです。

データを収集すると黒歴史が掘り返されてしまうことで

「ウワア(;´∀`)」

となってしまう可能性もありますが、

時が経つにつれてそれを懐かしむことも可能です。

そして、記録をいちいち意識的に残すのは大変なので、自動記録をできるといいですね。

このような記録がどんどん貯まってくるとそれだけで貯金が貯まったような気分になれるという人はそれ自体が心の栄養補給に繋がるのかもしれません。

このような形であれ、なんであれ、

自分の人生を純粋に豊かにしてくれるような気持ちにさせてくれる心の栄養補給

をできるようになると幸せになれそうでいいですね。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人4年目かつ会社経営者(法人2期目)。
投資歴5年。タロット占い鑑定歴11年。
都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社→外資系に転職し年棒UP
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。

普段は①個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき12万1000円(税込)(※好評につき2022年10月1日から5500円(税込)値上げしました)で、
②音声通話によるコンサルティング2時間枠ごとに89,800円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
twitterの表示
仕事・勤め先未分類習慣自己実現、幸せ
mikimikiをフォローする
INTJ型女性「美紀」による皆既日食への歩み