転職エージェントから連絡が来てもワクワクした気持ちになれない

不動産

仕事柄、たまに転職エージェントの方から連絡が来たりします。

もともと、働き初めの時は、とにかく、「リストラされたら怖いから、今のうちにどうするのが良いのか聞いてみた方がいいかもしれない」

などと考えていました。

しかし、段々、転職エージェントの人から連絡が来てもあまり嬉しい気持ちにならなくなってきました。

というのも、転職エージェントの方が紹介してくる話はほとんどの場合、「雇われ先」の紹介でしかないわけです。

したがって、そもそも人の言うことを聞くことで生活を維持しなければならない人は転職した方が良いのかもしれませんが、そこまで生活を維持しなくてはいけないと考えているわけでもない人にとっては全然必要に迫られていないわけです。

勤め人は、基本的に雇用主の言うことを聞いて働くことが求められますし、また、タイムワーカーとして働いてもらえることを期待される場合が多いと思います。

そのため、下手な転職先に行くと、貴重な資源である時間を失います。

そもそも転職エージェントに対して、人材確保をわざわざ求めるようなところは、そもそも仕事が忙しすぎることからそれを埋めるための取り敢えずの人員が欲しいがためにフィーを払っていることがほとんどであると考えられます。

そして、ビジネスモデルとしても、転職の成功報酬で、エージェントにお金が入ることから、お試しで転職先と働いて、満足したらそのまま転職するという絶妙な匙加減も出しにくいのです。

私の考えとしては、転職エージェントによって向こうから紹介された案件はあまりいい案件ではなさそうだという目でまずは見るべきだと考えています。

本気で転職したかったら、自分から能動的に探しに行ったり、友人を通じて紹介していただく形をとった方がいろんな意味で確実です。

したがって、私にとって、転職エージェントを通じて転職するという選択肢は基本的に考えておらず、転職市場の情報収集のためにコミュニケーションを取ることができるという意義があるかもしれない、というくらいで考えています。

情報収集そのものはやはり重要ですから。

私の身の回りでも、転職エージェントに頼って転職している人は多いのですが、どこまで真剣に条件を精査して他のルートも含めて検討した上で意思決定をしているのかはわかりません。

転職に限らず、いい案件というのはいきなり向こうから振ってくることはまずないと言えます。

向こうからやってくる物件は全てクソという言葉がある通り、待っているだけだと大した案件は決してやってきません。

自分の中で条件などをしっかり決めた上で、具体的な要望を転職エージェントに伝えてみて、もし良い案件が出てきたらそれを利用するというぐらいの活用方法が1番良いのかなと考えています。

転職エージェントから連絡が来るのは、投資マンションの営業電話と同じようなものだと考えるとイメージしやすいのかもしれません。

接点もないのに向こうから連絡が来た時点で、他の人にも下手な鉄砲数うちゃ当たる方式で、同様に営業していることはほぼ間違いありません。

転職の成功報酬で一気に儲かるビジネスモデルであるという点も不動産の営業に似ています。

そう考えていくと、「あなただからこそ特別に紹介ができます」のようなことを言われてもあまり気持ちが盛り上がってきません。他の人にも言っていることが丸わかりですから。

そもそもの話、雇われや勤め人の立場は転職したところで変わらないという点は真剣に考える必要があります。

他人に自慢できるところに就職できたり転職できたりしたところで、勤め人の立場であるという現実は変わらないのです。

私の場合はまずここを脱したいと考えています。

転職エージェントではこの辺りの要望に応えるのは難しいでしょう。この辺りも転職エージェントから連絡が来てもワクワクしなくなってしまった原因だと思います。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
不動産仕事・勤め先意思決定基準
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました