2021年6月分の電気使用量が22kWh、電気料金が400円代だったので、その原因を分析しました。

未分類

最近、楽天でんきを完全に卒業してしまったので、楽天ポイントによって電気料金を0円にすることがなくなってしまいました。

今使用しているのは、looopでんきになります。

因みに、現在は、30Aで契約しています。

そして、しばらく放置していたのですが、6月分の請求分を見てびっくりしました。

400円という数字は電気代では正直初めて見ました。

電気使用量は、22kWhでした。

念のためですが、1ヶ月分ですよ。

すなわち、平均して、0.7kWh毎日電気を使用しているということのようです。

どうしたらこの数字が出てきたのか、気になっている人もいるかもしれませんので、私なりの分析を書いておきます。

始めに言っておきますが、この月に全く家に帰らない日々が続いたわけではありません。

ちゃんと毎日家には帰っています。

(そして、お気に入りのマットレスによる寝心地を楽しんでいます。)

まず、大きいのは、

冷蔵庫の電気代がかかっていないこと

にあると思われます。

実は、今冷蔵庫を使用していないので、冷蔵庫を使用する分の料金が全くかかっていません。

実は、冷蔵庫というのは電源を入れ続けると、それなりに電気代がかかります。

おそらく月あたり600円から700円支払っている人もいるのではないでしょうか?

したがって、その分が全くないと、looopでんきのように基本料金がないタイプのプランを選択していると電気代が減ります。

次に重要なのは、

②季節的にエアコンの必要性が低い

ということでしょう。

さすがに6月に何回か私がエアコンを使用した形跡はあるのですが、エアコンを使用すると、起動して冷風を起こすだけで、一日につき0.7kWhはあっという間に使う羽目になります。

今月は8月なのでもっと使用していますが、エアコンを本格的に使用するだけで、半日で5~10kWhくらい持って行かれます。

したがって、エアコンの電気代をさほど必要としていない6月だからこそ、この数字が出てきたのだと思います。

さて、仮に、エアコンも冷蔵庫も使用していない場合、他にどんなところに私が電気代を払っているのかもっと細かくデータを見て分析してみました。

その結果分かったのは、

毎日、確実に0.3kWhを私は消費しており、その原因は毎日私の髪を乾かしているドライヤーにあるということです。

具体的に言うと、ドライヤーでロングヘアを10分から20分近く乾かしているのに使用する電気の量がその都度0.3kWhかかっているということです。

個人的には、ドライヤーを削ろうなどという気持ちはないので別に良いのですが、

毎日ここに0.3kWh電気を使用しているという事実が判明しました。

looopでんきは電気使用量を1時間ごととにグラフ化してくれる機能があるので、それをもとに分析しました。

私の場合は、同じ時間当たりに使用している家電の数がもともと少ないので、時間帯を特定できれば、その時間帯における自分の行動を振り返って電気使用量の細かい分析をすることが可能です。

このように、可視化してもらえると、何にどのぐらい自分が電気代を払っているのかがわかるので、非常に面白いです。

私の場合は、ドライヤー+αで電気代がかかっているということがよくわかりました。

上記で上がった物以外に私が電気代を使用している対象は、おそらく

家の電灯

ドラム式洗濯機

になるでしょう。

前者はかなり使用量が少ないので、そもそもグラフにまともに出てきていません。

そして、ドラム式洗濯機はそもそも毎日使用しているわけではないので、乾燥機能を使用していてもあまり1ヶ月分の数字に反映されず、そもそもインパクトが少ないようです。

何に電気代がかかっているのかわからない、という人のために分析を書きましたが、少しでも参考になれば幸いです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました