2021年9月のガス代は855円(※割引前)、使用量は2㎥でした

未分類

以前にも、電気料金が激減した旨書きましたが、ガス代も激減していました。

ほとんどの人はそうだと思われますが、ガス代がかかってしまう原因は、

お風呂のお湯を沸かすのにかなりの量のガスがかかってしまうためです。

コンロやシンクを使用していてガス代がかかっている人もいるかもしれませんが、たとえそうであっても、お風呂の威力には恐らく叶わないでしょう。

それほど、お風呂のお湯を沸かすために労力がかかっているようなのです。

そして、私の今月のガス使用量が2立方メートルであった原因としておそらく考えられるのは以下です。

ドライシャンプーを何日間も試していたからですね。

ここの記事ではドライシャンプーなんてそこまで役に立たないなどと酷評していますが、

しかし、見た目だけで言えば、割とマシにはなるかなという印象ではあります。

爽快感が無いという点で、完全にお風呂に代替できるのかと言えばかなり怪しいですが、

どうしてもお風呂には入れないという事情がある人に対しては上記の商品は非常にオススメできると考えています。

そして、その副作用として、シャワーの量が減ったので、今月のガス代も減ったということになります。

したがって、来月からは通常モードに戻ると思われるので、若干料金は上がる可能性が高いです。

因みに、肝心のガス代について「855円(※割引前)」などと書いてありますが、

まず、使用している会社は「日東エネルギー株式会社」です。

その料金体系の内訳は、

基本料金+単位料金(㎥)となっております。

そして、基本料金だけで700円以上とられています。

正直、基本料金を無くして欲しいというのが本音なのですが、なかなか難しいようです。

そして、 855円(※割引前) は実際には毎月500円のWEB申込割があるため、実際の請求額は355円でした。

一応、一年近く継続しないといけないという条件はついてはいるものの、さほどガスを使用しないものの、しかし、ガス契約をしなければいけない一人暮らしの方に現状でオススメできるプランではあります。

(そのうち基本料金無くならないかな・・・・・・)

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人3年目。都心住まいの独身女性。

社会不適合者。
不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。
高校生の頃は家出経験も。
社会人になったら労働しなければいけないと気づき恐怖する。
経済的自由のため、初年俸1000万円overの企業に入社し社畜化。
生活費年100万円、手取り月収貯蓄率90%overを一時期達成。
2020年7月金融資産2000万円を達成。
2021年4月金融資産3000万円を達成。

普段は個別の人の状況に応じたコンサルティングを1時間につき11万円(税込)で請け負っています。

mikimikiをフォローする
未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型20代女性「美紀」が経済的自由を目指すブログ/Blog of an INTJ-type woman in her 20s, Miki, aiming for financial freedom.

コメント

タイトルとURLをコピーしました