【第1009号】手入れが必要な観葉植物の導入は慎重に

システム構築
Processed with VSCO with f2 preset
この記事は約4分で読めます。

お部屋のインテリア関係で有名なのは、

観葉植物

を導入することですよね。

緑が部屋の中にあるとなんとなく雰囲気が良くなる気がしますし、空気清浄の効果もあるとかないとか言われています。

しかし、この手の観葉植物の導入は場合によっては慎重になるべきと考えています。

というのも、

例えば、毎日水やりが必要な観葉植物の場合、

毎日水やりを誰かがしなければならない

という問題がどうしても生じてしまうためです。

これは、例えば一人暮らしをしている人の場合、

いきなり一か月以上入院することになった場合など、長期間にわたって家に帰れない事情が生じた場合、毎日の水やりができなくなってしまい、観葉植物を維持できなくなる危険性があります。

毎日当たり前のように健康を享受していると、

「急に何らかの事情で家に帰れなくなるかもしれない」

という想定を忘れがちです。

しかし、人生は何があるのかわかりません。

調子が良いとき、平和な時というのはいつまでも続かないので、

調子が悪い時にどうなってしまうのか?

ということは常に考える必要があるでしょう。

したがって、

毎日水やりができないかもしれない

という想定を頭に入れて、どうしても観葉植物などを始めとした植物を導入したい場合には、

水やりの作業が不要なサボテンなどを導入する

とか

自動的に毎日水やりができるようなシステムを導入する

といったところから考える必要があることでしょう。

他人が観葉植物などを導入しているのを見るとついつい

「いいな」

と思ってしまってすぐに導入したくなる気持ちになりがちですが、

いつまでも晴れの日ばかりは続かない、雨の日みたいに調子が悪いときが必ず来る

という発想を念頭に入れておくと失敗しにくくなることでしょう。

観葉植物を部屋に導入するべきか?

という一見大したことがないような話であっても様々な想定をする必要があります。

このような場合の指針を自分の中で創っておくととっさの時にも冷静に判断することが可能になることでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人3期目)。
投資歴6年。タロット占い鑑定歴11年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成し20代社会人4年目で準富裕層へ。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき12万6500円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2023年10月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
システム構築リフレーミング意思決定基準未分類空間管理
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました