【第1081号】14時ごろに眠くなってしまう人がカフェイン摂取以外に試してみて欲しいこと

健康
この記事は約3分で読めます。

多くの人が悩んでいることとして、

「働いているとお昼ごろに眠くなってしまって辛い」

ということがあるようです。

自宅でリモートワークをしている人は適宜のタイミングで昼寝、仮眠をすることが可能ですが、それ以外の人の場合は困り果てているかもしれません。

実は、仮眠室が存在するような職場も存在しますが、

「そんなものはない」

「どうしても、寝たいのであれば、家に帰るしかない」

という方もいるかもしれません。

休憩時間に自宅で昼寝をしたいがために職場のすぐ近くに引っ越した、という人もいるかもしれません。

しかし、

家賃が高すぎる

などといった事情により、職場のすぐ近くに引っ越すことを断念した人もいるかもしれません。

そのような人は、14時ごろに眠くなってしまったとしても眠る環境が創れないかもしれません。

そのような人が次に思いつくこととしたら、

「コーヒーを眠気覚ましのために飲む」

「お茶を眠気覚ましのために飲む」

「エナジードリンクで耐える」

といった

カフェインの覚醒効果に頼る方法

でしょう。

これで上手くいっている人もいますが、対症療法である以上に、

カフェインがそもそも苦手

という人もいるかもしれません。

実際、そこまで苦手意識がなくとも、

「カフェインを摂取した瞬間に体が震えるので気味が悪い」

とか

「夜、眠りたいタイミングでも覚醒してしまって眠れなくなってしまった」

といった人もいれば、

「何となく飲んでいたら、カフェイン中毒で具合が悪くなった」

という人もいるので、

日常的に依存するのはあまりよくないかもしれないです。

他にも、

ノーズミントのような匂いをかぐことによって一時的に目が覚めるような商品も存在しますが、

「そもそも、商品を手に入れるのがめんどくさい」

「何度も同じような物を買いたくはない」

とか

「副作用がありそうで気が進まない」

といった人もいるかもしれません。

そんな人が比較的気軽に試しやすいのが、

保冷剤(冷凍庫で冷やした物)で足を冷やす

という方法です。

特に、夏場はこの方法で一時的に眠くなりにくくなります。

同じものを何回も使いまわせることも大きなメリットでしょう。一つ手に入れるだけで済みますから。

職場に冷凍庫がある場合は職場で日常的に使いまわしが効きます。

足を冷やす必要はなく、手で保冷剤を握っているだけでもそちらに注意が集中するので、一時的とはいえ、効きます。

対症療法であることには変わりありませんが、試してみる価値はあると思います。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
健康未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました