【第1088号】雨の日は「外出の必要性を減らすこと」の重要性を私たちに物語る

システム構築
この記事は約4分で読めます。

あなたは朝起きて、外で雨が降っていることに気が付いたとき、どのようなことを思うでしょうか?

人によっては、

「雨が降っているおかげで涼しくなってくれたから嬉しい」

などと感じるかもしれませんし、

「〇時までに××に行かないといけないのに雨が降っているだなんて面倒だ」

と感じる人もいるでしょう。

雨が降っていることに対して、

ポジティブな感想を抱く人もいれば、

ネガティブな感想を抱く人もいます。

そして、

一年の間にあなたが雨の日に遭遇する頻度というのは意外と多いのです。

何度も遭遇してしまう雨の日、

できればポジティブな感想の方を抱けるようになることが重要でしょう。

何故ならば、

頻度が多い雨の日に当たってしまった際にポジティブな感想を抱くことができるのであれば、その分あなたがポジティブな気分を味わうことができる頻度も上がり、人生全体を通した幸せを感じやすくなるからです。

そして、

雨の日にネガティブな感情を抱きにくくなることも同時に重要ですね。

そのような観点で考えていくと、

そもそも、雨の日にネガティブな感想を抱きやすい人というのは、

その時に外出する必要性に迫られている人

ではないでしょうか?

そもそも、ずっと同じ場所にとどまっていたり、建物の中にとどまっているだけで済む人というのは、雨によって濡れることもなかなかないため、ネガティブな感想を抱きにくいです。

他のパターンとしては、

洗濯物を外ではなく、建物の中で乾燥させている人

も雨によるネガティブな影響を受けにくいです。

例えば、ドラム式洗濯乾燥機が家にあってそれで洗濯と乾燥までがすべてが完結している人も雨はほぼ関係ないですよね。

このように、

できる限り、雨によるネガティブな影響を自分が受けにくい状況を創っていくことがまずは重要でしょう。

これは、平時の時、すなわち、晴れの日から意識するべきことなのです。

特に、

雨の日に外出する必要性を普段から減らしていく

ことは最重要でしょう。

基本的に、外出が必要になる仕事などの割合を減らしていくことが多くの人にとって重要です。

すなわち、メインをリモートワークにするのですね。

これができるようになるだけでも、大きなインパクトがあることでしょう。

雨の日は「外出の必要性を減らすこと」の重要性を私たちに物語るのです。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
システム構築未分類
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました