【第1179号】すべてを持っているが故に上手くいかないこともある

リフレーミング
この記事は約2分で読めます。

私たちは何かの障害にぶつかると、

「〇〇さえあれば…」

とついつい考えがちです。

「お金持ちだったら」

「時間があったら」

「もっと若ければ」

「もっと学歴が良ければ」

「もっと才能があれば」

「もっと実績があれば」

といったことは誰もが考えたことがあるでしょう。

しかし、それらを手に入れたとしてそれだけで物事が好転するとは限りません。

「持てば持つほど良い」

とついつい考えがちですが、

すべてを持っているが故に逆に物事がうまくいかない、思ったよりも幸せになれていないという事態が発生することもあります。


豊かさや成功を手に入れることは、理想的な人生への近道のように見えますが、実際には逆説的な挑戦が生じることがあります。

ある人がすべての物質的な豊かさや社会的な成功を手に入れていると、その中には予想外の問題やストレスが潜んでいることがあります。

一つの側面として、持っているものが多いほど他者や自己からの期待が高まり、それがプレッシャーやストレスにつながることが考えられます。例えば、成功したキャリアや豊かな生活を築いた人が、その状態を維持し続けることに対する恐れや焦りを抱くことがあります。達成が一度でも下がることは、持っているものを守るための新たなプレッシャーを生む可能性があります。

もう一つの側面として、豊かさや成功が逆に社会的な孤立を招くことがあります。他者が自分の成功を嫉妬したり、付き合いが物質的な側面に左右されるようになると、真の友情や信頼関係の構築が難しくなる可能性があります。経済的な成功が引き金となり、友人や家族との関係が複雑化することは決して珍しいことではありません。

さらに、あらゆる物質的な欲望を満たしてしまうと、一定の飽きや意義の喪失が生じることも考えられます。人は物質的な充足感だけでなく、目標や挑戦を通じて生活に意味を見出すことが重要です。一度目標が達成され、欲しいものが手に入った場合、何か新しい意味や目的を見つけることが難しくなるかもしれません。

これらの課題に対処するためには、豊かさや成功を持つことに対する健全なアプローチが必要です。

まずは、

「持てば持つほど良い」

とは限らないということを知ることが重要でしょう。

人生のバランスを保ち、持っているものを大切にしながらも、常に新しい目標を見つけ、意義ある人生を築いていくことが求められます。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました