【第1185号】失敗する可能性を徹底的に潰せば、成功は時間の問題でしかない

リフレーミング
この記事は約2分で読めます。

「成功する可能性がそこそこあるが、失敗する可能性もそこそこある」

そのような選択肢が目の前に出てきたら、

「どうしようかな」

と多くの人は迷うことでしょう。

「いわゆるミドルリスクミドルリターンだな」

と感じつつ、

「リスクが顕在化してもそれを許容できるか?」

ということを真剣に考えて、

適正なリスクをとって挑戦してみることもあるでしょうし、

逆に、

「ちょっと辞めておこう」

と撤退することもあることでしょう。

その判断を最終的にどうするのかはあなた次第となります。

ところで、そのような、選択肢が目の前に出てきた場合、私たちは決断以前にもっと考えなければいけないことがあります。

それは、

「そもそも、この成功する可能性や失敗する可能性を今の選択肢の状況から変えることができないのか」

という視点です。

すなわち、例えば、

成功する可能性が50%で、失敗する可能性も50%

の選択肢が目の前に出てきた時に、

「もしかして、この成功確率は70%まで上げることができるのではないだろうか」

とか

「もしかして、失敗する可能性を10%まで下げる方法があるのではないだろうか」

といったことをまず考えるべきなのです。

成功する可能性や失敗する可能性というのは所与の前提となっているわけではなく、現実には工夫次第で変動させることができるようになります。

そのようなやり方が存在することに気づくことができるようになると、

「あれ?これって上手くやれば、失敗する可能性を限りなく0にすることもできるのでは?」

といったことにもそのうち気づくことができるようになります。

失敗する可能性を工夫によって限りなく0に近づけると、

待っているだけでいつか成功することができる

という状態まで持っていくことすら可能です。

このようなことが当たり前のようにできるようになると、

「勝つべくして勝つ」

という状態まで持ち込めることでしょう。

美紀のプロフィール
夢見がちな社会不適合者
mikimiki

社会人5年目かつ会社経営者(法人4期目)。
投資歴7年。タロット占い鑑定歴12年。
都内在住、マッチングアプリ上位0.X%の人気女性会員。
フォーチュンレディ (Fortune Lady:幸運な女性)

かつて不登校になり片っ端から出席点を落としまくる。高校生の頃は家出経験も。
経済的自由のため、新卒で年収1000万円overのトップファームへ。
手取り月収貯蓄率90%overを達成。
ビジネスでは、ファーム内で全パートナー分を凌駕する新規顧客獲得の営業実績を持つ。
20代で役員のオファーを受け就任。

普段は、今より良い人生を送りたい人のための個別コンサルティングを1時間につき13万2000円(税込)で請け負っています。
(※好評につき2024年4月1日から5500円(税込)値上げ予定です)

mikimikiをフォローする
twitterの表示
リフレーミング
mikimikiをフォローする
INTJ型女性による皆既日食への歩み
タイトルとURLをコピーしました